エレガントな下ネタ

Facebookを縁として
ネット上で再会できた、
とある昔の女友だちに

「ゴメスさんのブログ
たまーに読んでますけど、
下ネタが多くて
私にはちょっと
刺激が強すぎるかな?」

と言われ、
少なからずの
ショックを受けた。

よくよく読み返してみると、
たしかに下ネタ率は
大ざっぱで8割以上
といったところだろうか?

私の書くものに
下ネタが多いのは
否定しない。
テーマが政治やビューティとかでも
無理矢理下ネタを絡めたり
たまにする。

だが、私が
目指しているのは
あくまで

エレガントな下ネタ

だ。

たとえ

「まんこ」

と書いても

「ま」「ん」「こ」という

一文字一文字がたまたま
くっついちゃってました……

くらいにしか頭に残らない

そういう

普通のOLさんにも
さらりと
読み流せる
下ネタ

を真剣に
目標としているのである。

「私にはちょっと
刺激が強すぎるかな?」

それはそれで
言葉責めっぽくて
萌えたりもするのだが、
まだまだ私も
修行が足りない
ということだ。

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


二 − = 1