親切が仇になるいい例!? インターンの学生に名刺入力をさせたら辞めて炎上【ひろゆきのネット炎上観察記】

― ひろゆきのネット炎上観察記 ―

【親切対応して非難されるなら、誰もやらなくなりますよね……】

待ち伏せするほど熱意のある学生をインターンに採用し、2週間ほど名刺入力を任せたら辞めてしまった。そんなエピソードが炎上中だ。辞めた理由は、他業務をやりたかったからのようだが、社長は「面白い仕事なんてない。工夫して面白くできるかどうか」と発言。ネット上には「社長が正しい」「学生にそこまで要求するのは酷」など賛否両論が溢れている

親切対応して非難されるなら、誰もやらなくなりますよね……

「netgeek」より

インターン名刺入力で辞職、社長指針に賛否両論で炎上


 この年になっても自分でいろいろとやってみたいおいらですが、世の中には「これは自分がやるべきことじゃない」とか考える人って多い気がしています。例えば、日本人として生まれただけでかなり恵まれてるんですけど、そんなことを意識する人は少なくて、日本に文句ばっかり言ってるとか。。。

 ってことで、ライフネット生命保険の社長が、待ち伏せするくらい熱意のあるインターン志望の学生に名刺入力の仕事をさせたら、違う仕事がしたかったとの理由で辞めちゃった件が話題のようですが、こういうのを見ると親切が仇になるいい例だなぁ、、、とか思ったりしちゃいます。

 普通に考えてインターンにメイン業務に関わる大きな仕事なんかやらせないですし、そういうこともわかってない人に時間を取られるのって損ですよね。んでも、大人が教えるのは当たり前ってのしか見てきていない学生ってのは、「学校の常識=世間の常識」と誤解するので、親切にした結果がバッシングで返ってきたりするわけです。

西村博之氏

西村博之氏

 ってことで、そもそも採用しないで放置すれば批判されることもなかったわけで、親切心で手伝わせたりするから、こんなことになっちゃったわけで。。。しかも、こうやって他の社長が批判されているエピソードを見た偉い人は、大学生がインターンに来ても親切にしなくなったりして、そうやってだんだん嫌な世の中になってきちゃうと思うんですよね。。。

 んで、今回みたいに押しかけてくるような人って、他人を犠牲にしたり迷惑をかけたりすることよりも、自分の目的を躊躇なく優先するモラルに欠けるタイプなのでおかしな人の部類に入ると思うんですよね。けど、そういう人は敵をつくりまくるけど、結果として成功するタイプだったりするので、自分が思い描いている仕事だけをやりたくて行動力はあるみたいな人は自分で起業でもしてがんばるといいんじゃないかと。

 ちなみにインターンなのに無給でバイトと同じことをさせるのに批判とか出ていますけど、20歳以上で両者が合意の上で無給なら問題ないと思います。災害援助のボランティアだって無給なわけですからねぇ。。。

※1.ライフネット生命保険の社長
岩瀬大輔氏(39歳)のこと。東大在学中に司法試験に合格するも、外資系コンサルティング会社に就職し、その後、同社の立ち上げに参画するなど、ネット業界では叩き上げの社長として有名

※2.違う仕事がしたかった
採用された学生は、インターンとしてマーケティングの仕事に携わりたかったのだとか……

※3.災害援助のボランティアだって無給
関東・東北豪雨でボランティアが無償で対応を行う一方、残業をして対応を行った常総市職員十数人の給与が100万円を超え、それ以外の常総市職員の手当や残業代を合計すると、その額は総計で1億3000万円となるとの見通しで現在炎上中

【西村博之】
元ニコニコ&2ちゃんねるの管理人で、現4chan管理人。39歳。フランス在住(日本国籍)。「牡蠣を1ダースほど買ってきて自分で開けてみたのですが、相当難しいということがわかって牡蠣を開ける職人さんへの尊敬の念を禁じ得ない昨今です。ちなみにウニは思ったより簡単に開きました」

<撮影/根田拓也>

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中