相席居酒屋に客を取られて…深刻化するキャバクラ不況に歌舞伎町キャッチが怒りの声

 今や新たな男女の出会いの場として不動の地位を確立した相席居酒屋。地方への出店ペースも加速しているが、近年、都心部では相席居酒屋をめぐってトラブルが発生している。

男同士で飲んだあとの二軒目を相席居酒屋が持っていく


相席居酒屋に客を取られて…深刻化するキャバクラ不況に歌舞伎町キャッチが怒りの声 トラブルは繁華街のキャッチとそこを歩く男性客との掛け合いから生まれる。

 歌舞伎町の路上キャッチ曰く、相席居酒屋の台頭によって、男同士で飲んだあとの「二軒目枠」を相席居酒屋がすべて持って行っているというのだ。

「池袋や新宿が特にヒドいけど、20~30代の若い人は声をかけるとみんな行き先が相席居酒屋って決まっちゃってる。キャバクラより素人と飲みたいんですよね。ぶっちゃけ、あそこ(相席居酒屋)はマジでつぶれてほしい」(歌舞伎町のキャッチ男性)

 新橋や神田など比較的客層の年齢が高いエリアの客入りは変わらないというが、若者が多く行き交う渋谷や新宿、池袋ではキャッチが声をかけても「相席居酒屋いきます」の一言を返されて終わり。若い男性たちが相席居酒屋に向かってしまう背景には、彼らの嗜好と懐事情が関係している。

「若い男が求めるのは女のコとの会話であって、『キャバ嬢』との会話じゃないんですよ。相席居酒屋なら女のコとの二次会や持ち帰りのチャンスがあるし、3時間いてもひとり1万円程度。コストパフォーマンスから見ても、座るだけで8000円取られるキャバクラに行く合理性なんてないんですよ」(相席居酒屋の常連客男性)

キャッチと男性客間のトラブルが絶えない


 こうしたキャバクラ不況に繁華街のキャッチが怒りを覚えないわけがない。近年ではキャッチと男性客間のトラブルも絶えない。以下はその一例だ。

・相席居酒屋に入る男性に「おまえら、どうせヤれねぇから!」と捨て台詞を吐いたキャッチと口論になる(歌舞伎町)

・より安い値段で相席できる店と騙して中国人キャバクラに誘導、ボッタクリ被害にあう(名古屋・栄)

・「相席居酒屋は満席で入れないから」とガールズバーに誘導。座っただけで1人3万円の請求(渋谷)

 しかし、キャッチが抱く相席居酒屋への怒りにもやや見当違いな点がある。キャバクラと相席居酒屋の客層は年齢や経済状況が異なる。つまり、すべての相席居酒屋に向かう男性がキャバクラの潜在顧客とは限らないのだ。

相席居酒屋と共存する道も


 むしろ、相席居酒屋の影響で繁華街に集う男性の数が増えていると考えれば、キャバクラにとってはチャンスが訪れているとも言える。

「相席居酒屋のあとにウチのキャバクラにきたら割引する」「順番待ちのあいだ30分だけ使ってもらえれば3000円」など、相席居酒屋狙いの客向けのプランを提案することもできるだろう。重要なのは、脅威に対し抵抗することではなく、共存の道を模索することにあるのかもしれない。<取材・文/日刊SPA!取材班>

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】
 最強の恐竜とは何か?と聞かれれば、誰もが思い浮かべるのがティラノサウルスだ。映画やアニメなどでおなじみの肉食恐竜だが、ティラノサウルスがなぜ最強なの…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中