エンタメ

女装で彼女とデート中、キャッチに声をかけられて…カリスマ男の娘・大島薫が自分のことを情けないと思うとき

見た目は美女でも心は男――。「カリスマ男の娘」として人気を博し、過去には男性なのに女優としてAVデビューを果たした大島薫。女性の格好をしたまま暮らす“彼”だからこそ覗ける、世の中のヘンテコな部分とは?

「繁華街でキャッチをされたとき」唯一自分のことを情けないと思う【カリスマ男の娘・大島薫】

大島薫(これからデートにのぞむタイミングで撮影)

 唯一ボクが自分を情けないと思うことがある。

 それは女性と一緒に繁華街を歩いているときだ。東京に引っ越してから思うのは、繁華街にはキャッチやスカウトがやたらと多いということ。ナンパだって昔住んでいた大阪の比ではない。

「お姉さんたちー!」

 派手な髪の毛にチャラチャラとしたファッションの若い男性が声をかけてくる。男の見た目のときなら、彼女と歩いていてこんな風に声をかけられることはなかった。スカウトもキャッチも、男連れの女の子なんて口説いたって、断られるか、男のほうにドヤされるに決まっているのだから、最初から声なんてかけようとは思わない。

 しかし、いまのボクでは話が別だ。男性だと気付いていないか、気付いていてもこの見た目だから「男しか好きにならないタイプの人間だろう」と思われているに違いない。

「あ、大丈夫です」

 そんな風にお茶を濁して断る。「ボク男なんで」とか「彼女なんでやめてください」とか言えればどれだけ楽だろうと思う。

 ボクはこの見た目で男性だと知ったときの奇異の視線を、何度も感じてきた。ボクが他人にどれだけヘンな風に思われようが、それは一向にかまわない。そもそも、そんな半端な覚悟で「大島薫」という活動をやってきたわけではないのは、このボク自身が一番よく知っている。

 しかし、いま一緒に歩いている子については別だ。

「うわ、この子の彼氏“オカマ”かよ」

「趣味ワリィなぁ……」

 ボクと一緒にいたばっかりに、そんな目線に晒されることを強いるのは、ボクが思う優しさではない。自分のプライドのために、他人を傷付けていいはずがない。

次のページ 
今のボクでは、キャッチもナンパも追い払えない

1
2





おすすめ記事