劣等感を抱えて生活する「タワマン最下層」の住民たち

 昨年の消費増税では、都心の高層タワーマンションに駆け込み需要が集まった。しかし、一生の買い物の先にはトホホな物語が待っていることもある。

タワーマンション

※写真はイメージです

 広告代理店営業で年収630万円の道岡智康さん(仮名・35歳)はその一人だ。自身が住む高層タワーマンションを眺めながら、ため息をついて話す。

「ある日、妻が『高層階の人からバカにされた』と落ち込んでいたんです。ウチは平米あたりが安い6階の部屋に住んでいるんですが、低層階と高層階は使用するエレベーターが分かれている。で、エレベーターホールで出くわした高層階に住む知人に『6階だとすぐに部屋に行けていいわね』って言われたのだ、と……」

 この日を機に、彼女は人が変わってしまったという。

「劣等感からか、妻が身につけるものもブランド品が多くなり、食材も高級スーパーばかりで買うようになった。重症なのは、外出時に人目があると、エントランスからタクシーに乗って最寄り駅まで行くこと。こんな調子なので家計はカツカツですよ……」

 “成功者”の象徴とも言えるタワマンに安易に手を出してしまうことが、ムダな劣等感に苛まれる日々を生んでしまうようだ。高層マンションを取り扱う港区の不動産会社に話を聞くと、低階層住民の裏事情をこう説明してくれた。

「基本的にタワーマンションは、高層階にいくにつれて賃料が高くなります。逆に言えば、綺麗な景色さえ捨ててしまえば、高層階と同じ設備で安く低層階に住むことができるわけです。最初は友人や同僚と話していて、『タワーマンションに住んでいる』なんて言うと、食いつきもいいし話も盛り上がる。でも次第に、格差を目の当たりにして高層階の住人に対するコンプレックスを抱えてしまう人が多く、低階層の退去率は高くなっていますね。来客がある場合は、高層階にあるゲストルームへ招いて劣等感をひた隠す……なんて話もあるくらいです」

 一方で、真のセレブはどう見ているのか。タワーマンションの46階に住む松本慎司さん(仮名・34歳)は、ゲストルームの存在についてこう話してくれた。

「うちの高層階には、ゲストルームという来客が宿泊するための部屋があるんですが、15階以上に住んでいる人間には劣等感もなく、ほとんど関係ないですね。うちは46階だからたまにインターネットが繋がらず圏外になることもあって、ネットのことを考えたらむしろ低層階に住みたいくらいですよ(笑)。でもやっぱり、友人を部屋に招いたときは景色を見ていつも喜んでくれますからね」

 都心に住むサラリーマンにとって、高層マンションに住むことはひとつの憧れであり、ステータスとなる。しかし安易な気持ちで引越してみると、雲の上の届かない世界が見えてしまうことも事実なのだ。

<取材・文/日刊SPA!取材班 photo by Tadashi Okoshi via flickr>

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中