仏テロ報道でプロギャンブラーが実感したこと「日常が悲惨な国はニュースにならない」

15年間、世界中のカジノを放浪して勝ち続けてきたプロギャンブラーのぶき。「『人生』とは自分軸で生きること、『賭け方』とはこの1時間をどう使うかの戦略だ」と言い切る。世間体から解き放たれ、「スマイル基準」で人生を勝ちへ導く男が語る生き様論。

〈第9回 仏テロ報道で実感「日常が悲惨な国はニュースにならない」〉

 15年間世界を知るためにさすらい続けた僕が、今回の仏テロで学んだことを書いてみます。

 まず、この動画をご覧ください。仏テロのニュースに対し、facebookでシェアされていたシリア空爆動画です。仏テロと同様に、最低なことをしていると感じました。(※閲覧注意:この動画には悲惨なシーンも含まれます) https://www.facebook.com/tamer.turkmane/videos/567057426781442

【人は環境によって創られる】by 人生の賭け方

日常が悲惨な国はニュースにならない いつの時代でも、人を無差別で殺すのは最低なこと。とはいえ、テロ集団を創る環境へ導いた欧米諸国にも問題がある。そして、世論へ影響できるマスコミの欠点も見えてきた。

 だって、あの仏テロの前日に、ベイルートでもテロがあり市民43人が亡くなっていた。ニュースの取り扱いは少なく、僕同様に仏テロが拡散されるまで知らなかった方も多いかと。また、欧米諸国による仏テロの報復空爆で、シリアやイラクにおいて5日間で子供を含む市民34~53人が殺された(※資料サイトairwars.orgより)。こちらのニュースの取り扱いも少ない。

 欧米諸国は中東を空爆し、罪なき子供も含めた一般市民を殺している。そりゃ、住むのは危険なので難民として国を脱出するし、殺した欧米諸国へ報復してもおかしくない。つまり、欧米諸国がテロを生み出す環境を作っているのかもしれない。

「日常が悲惨な国は、ニュースに出てこない」。これが今回のテロ事件で気づけたメディアの欠点。僕らはもっと日常へ目を向けるべきかと。

 世界の日常が悲惨な国もあると感じてみるのもありかと。僕がいろんな国で見てきたニュース番組は、必要な情報ばかりが流れていた。日本のようにくだらない芸能ニュースは紛れてない国も多い。殺人事件などは多すぎて、国全体へは報道されない国も多い。

 世界の治安の悪さを少し考えてみるのもありかと。そして、余裕ある人が少しだけ世界のために動く。別に動くと言っても、様々な形がある。義援金やボランティアもあるけど、動画やサイトのシェアも有力な世界平和への行動だと、最初の動画を見て学んだ。

 世界を変えられるのは、同じく世界の人でしかない。特に僕ら日本人は、経済的にも、宗教観的にも、世界を変えられる力がある。日本人なら世界を良化できる。何かできる人が、できることを、できることから。

 そして、人様へステキなことをすると、「あっ、いいことしたな♪」と自分の心もステキ色になっていく。同じくボランティアなどしているステキな方とも友達になれる。

【ステキなことしていると、ステキな心と友達がステキな人生へとつながっていく】by 人生の賭け方

【プロギャンブラーのぶき】※facebookフォロワーさん大歓迎
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」1971年東京都生まれ。15年間カジノで勝ち続けたお金だけで、世界6周。東日本大震災時、ボランティアのため一時帰国。すると、メディア・講演依頼など各方面から引っ張りだこに。検索「プロギャンブラー」にて独占状態。著書に『勝率9割の選択』(総合法令出版)、『ギャンブルだけで世界6周』(幻冬舎)
FACEBOOK https://www.facebook.com/nobuki.progambler
オフィシャルブログ http://blogs.yahoo.co.jp/nobukiaa

勝率9割の選択

自らの人生は、自らの手でつかむ!!

ギャンブルだけで世界6周

15年、82ヶ国、500のカジノを旅した、勝負×旅エッセイ!

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中