恋愛・結婚

知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談

「夜のお仕事」として、つい一緒にくくられてしまいがちな「風俗嬢」と「キャバクラ嬢」。しかし! これらの2大“嬢”(?)が、じつは「似て非なるもの」で、「水と油」「野球とサッカー」「焼肉としゃぶしゃぶ」「コーラとポカリ」「オリンピックと冬季オリンピック」「スタバとルノアール」くらい相容れない異種の職種であることをキミは認識できているか!? 否! おそらくできていないに違いない。

 そこで! 今日は男子が犯しがちである、そんな“大雑把な見立て”を憂う風俗嬢のフー子さん(21=仮名)とキャバクラ嬢のキャバ美さん(27=仮名)が夢の対談!! ゴメス記者ナビゲートで、“女”を売って稼ぐ女子たちのリアルをたっぷり語っていただいた!!

現役嬢がホンネ対談!知ってそうで知らないキャバ嬢と風俗嬢の違い

※写真はイメージです

バイトなら風俗のほうが断然有利?


――まず最初に。ちょっと前、ネットのある対談記事で「キャバクラは『いけてる系』が多く、風俗で働く子は控えめでむしろ地味な子が多い」みたいなことが書いてあったんですが、それって正しいと思う?

フー子:風俗でもギャル系とかの派手な子はいっぱいいますからね……正直、相当ピント外れな意見だと思いますね。

キャバ美:私も、いけてる系と地味な子の比率はキャバも風俗もそう違いはないと思う。そもそも「いけてる系」って言い方が終わってる(笑)。ただ、キャバの子は基本、「脱いだらスゴイんです」だとか「濃厚な○○サービス」だとか抜きの“ドレスアップした外見”オンリーで勝負しなきゃいけないんで、お店に出る前から髪は盛ってたり、フルメイク済みだったりするじゃないですかー。だから派手に見えるだけ。

フー子:たしかに私たちって、派手派手より地味めな服装のほうが客ウケも良かったりするから、いわば「地味な恰好が制服」なんですよ。あと、キャバで働くよりは、やっぱ後ろめたい気持ちが強いんで、出勤時は「なるべく目立たないようにしよう」って心理もあったりする……。

次のページ 
風俗はキャバクラよりハード?

1
2
3




おすすめ記事