雑学

外国人が良くも悪くも“ヤバい”と思った日本の夏

 2020年の真夏に開催される東京五輪。外国人観光客は、日本の夏をどのように感じているのか聞いてみた。

猛暑やゲリラ豪雨関連のグッズがバカウケ!!


 日本の夏のジメジメした暑さには音を上げる外国人が多い一方、“涼を取る”アイテムには感心する人が多い模様。街中の外国人には扇子を持っている人が多く、「鐘とか鈴は『鳴らす』ものだと思っていたけど、風で『自然に鳴る』風鈴はスゴく美しい」(ポーランド人女性)という声もあった。

おしぼり また飲食店で出てくるキンキンに冷えたおしぼりにも感動する人多し。「ビールの泡が凍っていたり、ジョッキが冷えているのもヤバい。国によってはヌルいところもあるけど、日本はどこの店でもよく冷えてるね」(パナマ人男性)と、冷たさへのこだわりに驚いていた。

 値上げのお詫びに関するニュースがNYタイムズ紙の一面を飾った「ガリガリ君」に代表されるアイスも人気だ。「日本のアイスはスゴくうまい! コンビニで売ってるようなものでも、ハズレがないよ」(アメリカ人男性)。

 そのほか食関連のアイテムでは、「携帯用バナナケースは発想がスゴい。お土産に喜ばれるね」(フィンランド人女性)との声も。飲食店のテーブルに置いてある漬物も珍しいらしく、「おいしいし、タダだし最高! 全部食べちゃったよ!」(チェコ人男性)という猛者もいたが、どう考えても塩分の取りすぎだよ!

次のページ 
手に持つ扇風機やビニール傘も

1
2




おすすめ記事