恋愛・結婚

なぜ「食えないAV女優」はデリヘルじゃなくソープに流れるのか?

なぜ「食えないAV女優」はデリヘルじゃなくソープに流れるのか? 昨年末と、少々古い話ではあるのだけれど、男の歓楽街・東京の吉原で、「AV女優が在籍する店」として人気だったソープランドが売春防止法違反罪で摘発され、それに伴い、店に女優を斡旋していた芸能プロダクション3社の幹部もまた逮捕された。客と売春させると知りながら、女優3人を紹介したとのことで職業安定法違反(有害業務紹介)の疑いを持たれているらしい。当事件のキモとなったAVからソープへの転身について、業界関係者は「食えないAV女優の受け皿になっていた」と本音を明かしているという。

 僕、ゴメス記者からすれば正直なところ「昔からありがちな定番のケース」で、現状、AVとソープを掛け持ちする子は片手で数えきれないほど実在した。今でも数人は知っている。

 ここで一つのある素朴な疑問が浮かび上がる。なぜ「食えないAV女優」たちの多くは、もはや斜陽であるソープランドへと、あえて流れていくのか? 薄利多売とは言え、客数は圧倒的に稼ぎやすいデリヘルやらイメクラやらの“ライト系”ではないのか? 今回は、ゴメス記者の知人である某現役AV&ソープ嬢のK美さん(27)から、そこらへんの事情を聞き出してみた!

――ぶっちゃけ、AVだけじゃあ食えないわけ?

K美:もう(AV)デビューして3年以上経ちますからねぇ……。最初の半年くらいは一応“単体”扱いだったので、それなりのギャラももらえてたんだけど、今は“企画系”の仕事ばっかなんで、キツイ現場に回されるわりには1本10数万円なんてことも……最近は一日仕事で10万を割ることだって、珍しくはないです。

――それでも、月5本も出演すれば50万円くらいはいくんだよね!?

K美:月5本も入ってこないから(笑)! そりゃあ、ハードなSMだとかレズだとかスカトロだとか、仕事を選ばなきゃどうにかなるかもしれませんよ。でも、そこまでしんどい思いして、たった10万程度じゃあ割に合わないじゃないですか。しかもAVはネットに残るし……そうなると、「どうせ同じことヤルんだったらソープのほうがいいや…」ってことになっちゃう。

次のページ 
デリヘルとかじゃダメなの?

1
2
3





おすすめ記事