雑学

風俗店とラブホだらけでも五反田はこんなに住みやすい【電マライター村橋ゴローの東京ぶらりんこ旅 第4回】

 仕事関係の人間から、よく「ゴローさんは、どこにお住まいですか?」と聞かれ、「五反田です」と答えると、特にそいつが若い男性だと「イイ街じゃないっすか、特に夜は」と、漏れなくニンマリとしながら返してくるのである。

五反田駅 そんなワケで、今回は地元・五反田が実際どんな街なのかぶらりんこ。

ぶらりんこ旅

電マライター・村橋ゴローの東京ぶらりんこ旅【第4回】五反田「“アレ”と暮らして12年」


 まあ皆様のご想像通り、五反田というのはアレな街です。真っ昼間だろうが夜だろうがサングラスをかけて、ホテルからホテルへと渡り歩いてる女性はアレですし、ムチで叩く系の女性は縄だロウソクだと荷物が多いので、やたらキャリーバッグをゴロゴロさせており、アレなのはひと目でわかります。

 アレアレ言ってるオレは、五反田に住んで12年。特殊な街に住んでいるという自覚はあっても、これだけ長くいると感覚が麻痺してきます。

 例えば、さっきチビを保育園に送ってきたのですが、そのルートを写真でご紹介すると、

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1295861

ラブホテル ラブホ街を駆け抜け、

ピンサロ ピンサロを横目にやり、保育園に。

案内所 さらに言えば、このような案内所は4つも通過しています。案内所は腐るほどあるので、感覚としては、もはやコンビニです。色は違えどファミマです。

 しかし改めて見ると、異常です。どうかしてます。子どもを送るルートとは思えません。こんな環境にある街ですから次第に感覚が馬鹿になり、どんな看板でもアレ系に見えてきます。

クリニック なんてことない、この『東五反田クリニック』。しかし、その前に魔法の3文字を加えると、凄くしっくり来るというか。その3文字とは……。

 M性感・東五反田クリニック

 ね? すげーしっくり来るでしょ? もうアレな店にしか見えません。

 こんなふうにアレが溢れている街ですから、もう人々の生活にも根付いています。その証拠がこれ。

マップ 街角に置いてある近隣住民の地図ですが、『プチ熟女パブ 新世界』がこんなにも堂々と、しかもでかく表示されているのです。この地図はガードレール脇に設置されているため、フツーに子どもたちも見ています。そんな狂った五反田という街こそ、まさに“新世界”!

 また、共存するにも程があるだろ、という一枚がこれ。

共存 『シティクリニック』という真っ当なお医者様の自動ドアのすぐ横に、『new-club ミラン』の怪しすぎるピンクの看板が。共存しすぎぃ!

 そんな『空前絶後のぉ~超絶怒涛のセクシータウン! セクシーに愛され、セクシーに愛された』の街、五反田!

次のページ 
西五反田には不動前という駅がありますが……

1
2





おすすめ記事