雑学

なぜ「できる人」は願掛けをするのか? いざというタイミングを逃さないコツとは?<魂が燃えるビジネス>

 いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるビジネス」とは何か? そのヒントをつづる連載第30回

お参り 今年も終わりに近づいてきました。元旦に神社へ初詣、あるいは大晦日から二年参りを予定している方も多いと思います。

 神社といえば「恋人が欲しい」「志望校に合格したい」「会社が大きくなりますように」と願掛けするのが一般的です。合理的に考えるのが当たり前になっている現代で「神様にすがるなんて」「どうせ叶わないよ」と嫌がる方もいるかもしれませんが、自己啓発的に考えるとその効果は意外と馬鹿にできません。

 自己啓発では「目標設定」が重要とされています。では、なぜ目標設定をするのかというと、それは「チャンスを掴める自分になるため」です。私がいまこうして日刊SPA!で書かせていただいているのは、とあるお酒の席で「ウチで書いてくださいよ」と声をかけてもらって、「ぜひお願いします」とその場で答えられたからです。

 ビジネスに限らずなんでもチャンスは一瞬です。「意中の女性を食事に誘えるか」なんてのもそう。あとになって「あの時、勇気を出していれば」と悔やんでも手遅れです。

 恋人作りならばちょっとした飲み会、受験勉強ならちょっとした勉強会、仕事ならちょっとした酒の席。そんな「ちょっとした」が人生を変えることは珍しくありません。しかし、それは些細なきっかけであるがゆえに、心構えがなければ簡単に見逃してしまいます。

次のページ 
自分の望みを宣言する大切さ

1
2




おすすめ記事