仕事

年収300万円未満で暮らす「アラフォー単身者」の苦悩

「ウチは親一人子一人の母子家庭で、最近母から『年金だけでは苦しい』と泣きつかれ、毎月3万円仕送りをしています。そのため、自分の生活費は常に3万5000円ほど赤字。足りない分は貯蓄で補っていたのですが、先月いよいよ残高が40万円を切りました」  今のままではまずいことはわかっているが、日々のやりくりに精いっぱいで、将来を考える余裕もない。 「もしかしたら、今後は仕送りだけではなく、親の介護も生じる可能性がある。正直、自分の老後を考える余裕なんてない。自殺願望こそありませんが、生きていても大変そうなので、正直、『明日死んでもいいかな』と思ってます

別れた妻へ子供の養育費が月額5万円

 だが、独身者にとって、生活を圧迫する要因となるのは親ばかりではない。年収260万円のなかから、別れた妻への子供の養育費を捻出すべく、日々ため息をつくのが皆川康さん(仮名・40歳)だ。 「数年前までは父親の知人が社長を務める物流会社に勤務していて、年収は550万円ほどあったんです。結婚して子供も2人いて、何も不自由のない暮らしを送っていたのですが、取引先と社内で立て続けに女性トラブルを起こしてしまって……。それが社長にバレて、クビになりました。理由が理由なだけに妻にも愛想をつかされ、昨年離婚が成立しました」  現在はカラオケショップの店長として働くが、その収入だけでは月額5万円の養育費が払えないため、仕事終わりの深夜に漫画喫茶のバイトもかけ持ちしている。 「でも、仕事も不安定だし、この年でバイト生活もきつい。時々、『養育費がなければ、もう少しまともな生活ができるのに』と悶々とすることもありますね」
パチンコ屋の休憩スペース

節約と暇つぶしを兼ねて、空いた時間は設備が充実したパチンコ屋の休憩スペースを漫画喫茶代わりにして入り浸っているという

― 年収300万円家族の苦悩 ―
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事