ライフ

コンビニの材料で作る家飲みカクテル。誰でも簡単に美味しくできるオススメレシピは?

 最近、自宅でお酒を飲むことが増えた人は多いのではないでしょうか。しかし、それが1か月も2か月も続くと、いくらお気に入りのお酒でも、飽きてしまうことがあります。そんなときは、違うお酒に変えることになりますが、「それすらも飲み飽きた」という人もいるでしょう。そこで、オススメなのがカクテルです。味に変化が出ますし、好みの味にできます。お酒を作るという行為もアクセントになって、楽しめるようになるでしょう。

家でも簡単に美味しいカクテルが作れます

 カクテルは無数にあるのですが、今回はコンビニで売っている材料でサクっと作れて、しかも美味しいレシピを紹介します。

ビールにジンジャーエールを混ぜると……

 まずは「シャンディー・ガフ」から。材料はビールとジンジャーエールだけ。  グラスにビールを半分入れて、ジンジャーエールで満たします。無理に混ぜなくても、注ぐ力と炭酸で勝手に混ざります。半々だと少し甘くなると言うなら、ジンジャーエールを減らしたり、辛口のジンジャーエールを使うのも手です。アルコール度数は下がってしまいますが、ビールの苦さがグっとやわらぎ、グビグビと飲んでしまいます。ちなみに、「シャンディー・ガフ」の名前の由来は不明です。

ビール半分、ジンジャーエール半分で「シャンディー・ガフ」の完成

ウォッカとジンジャーエールがあるなら……

 ジンジャーエールがあるなら、「モスコ・ミュール」も美味しいです。ウォッカ45mlとライムジュース15mlを氷を入れたタンブラーに注ぎ、ジンジャーエールを注ぎます。ウォッカベースカクテルの定番です。  ウォッカがあるなら、もっと有名な「スクリュー・ドライバー」も手軽で美味しいです。ウォッカのオレンジジュース割りです。ウォッカが入っている割には、口当たりが良く飲めてしまうので、昭和の時代はレディーキラーとして有名でした。  ベースをジンにすれば、「オレンジ・ブロッサム」というカクテルになります。爽やかな香りが楽しめる定番です。ベースをラムにしても、甘やかな香りとオレンジの酸味を楽しめます。また、クレーム・ド・カシスというリキュールがあれば、有名なカシスオレンジが作れます。

ウォッカをオレンジジュースで割れば「スクリュー・ドライバー」です

トマトジュースを使ったオススメはカクテルは?

 ビールを割るなら、トマトジュースもオススメ。「レッド・アイ」というカクテルになります。できれば、トマトジュースは無塩タイプを選びましょう。さっぱり飲めるので、食前酒にぴったりで、酔い覚ましにもちょうどいい感じです。  ウォッカをトマトジュースで割り、レモンジュース少々を加えると「ブラッディ・メアリー」というカクテルになります。塩胡椒でアクセントを付けることができます。筆者はウスターソースやタバスコを入れることもあります。  レッド・アイが好きなのに、アルコールが弱すぎるというなら「レッド・バード」がお勧め。レッド・アイにウォッカを追加したカクテルです。

ビールをトマトジュースで割ると「レッド・アイ」になります

次のページ
ジャックダニエル×コーラでど定番も!
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事