?・?・?

 今日、山手線に乗った。

 そこで、扉のガラス面に貼ってあった、ある車内広告に思わず目を奪われた。

 みすず学苑という大学受験対策の予備校がクライアントだ。

 30年近く前に大学受験を済ませてしまった、年頃の子どもがいるわけでもないこの私がなぜ?
……と言えば、この広告のビジュアルが、頭が痛くなるくらいもうさっぱり意味がわからないのである。

 とりあえず、あるがままを文章にしてみよう。

 大波の写真をバックに、正体不明の老若男女扮する、ヤマトタケル・合格通知を持ったかぐや姫・0点のテスト用紙を持ったシンデレラ・うちゅう犬ハチ公(だけは本物の犬)・火星人・金星人・土星人・縄文太郎(ちび)・縄文次郎(のっぽ)・白雪姫がレイアウトされている。白雪姫はどういうわけか、ガングロだ。そしてそのすき間を、たくさんのプリンと一機のUFOが埋めている……。

 シュールという言葉でしか説明できない脈絡、必然性のなさ。
 
 20世紀初頭に芸術界を揺るがせたシュールリアリストたちは、積極的に整合性のない単語を一枚の紙に書き並べる、オートマチズムという遊びを好んだと言うが、
そういうたぐいの才能をアピールすることを目的としているのだろうか? 

 だとすれば、その目的はすでに充分すぎるほど達成できているとは思うが、
はたして大学受験に必要な才能なのか、という疑問はおおいに残る。

 こんな分裂症めいたビジュアルの上に、

難関大学進学率8年連続9割突破

なんて淡々と書かれても、前衛度が増すだけで、説得力もクソもないのではないか?

 それとも、これくらいの悪ノリは、もはや今どきの受験生(の両親)にとって、
売り手側のサービス精神の範疇に収まっているのか?

 もしかすると、演じている老若男女たちが、受験生のあいだでは伝説となっている名物講師なのかもしれないし……。

 ちなみに、別の予備校のポスターでは、私の知人である30歳近くの女が
10歳以上も年齢をサバ読んで、高校の制服を着て写っていた。

 ふところ深すぎである。受験業界……?

↑もし、この広告に何らかの整合性や必然性があるのなら、どうか教えてください!

2010.09.04 |  7件のコメント

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

“?・?・?” への7件のフィードバック

  1. KAZ より:

    流石ゴメスさん!

    気になる所がマニアックですね!

    僕も前からこの広告は気になっていました。

    もう何年も前から扉シール広告を占領しており
    ヤマトタケルのキャラクターはロングランしてます。
    おまけに出演してる俳優?もずっと一緒です。。。

  2. ごめす より:

    え! 何年前からあるんですか? この広告……。(ゴ)

  3. みすず より:

    記憶が定かではありませんが、4、5年前からあったと思います。

    私は、講師たちが調子にのってモデルをやっているものだと思って、ちょっとイラっとしてました。

    ちなみに縄文太郎も毎回レギュラーです。

  4. 匿名 より:

    貴重な情報ありがとうございます。より詳細な情報(場合によっては内部情報も可)、大歓迎です!(ゴ)

  5. まーちんるいす より:

    みすず学苑はココが違う!
    ってことなんじゃないっすかね?

    最近見ないけど、TVCM見たことありますか?けっこう洗脳的なCMでおもろかった気がする。

  6. ごめす より:

    TVCM!? すごく観たい! ゆーちゅーぶで探してみます!(ゴ)

  7. ごめす より:

    ゆーちゅーぶ、観ました。

    http://www.youtube.com/watch?v=e0FQ5wLiP8s&NR=1

    TVCMでの、こういう背景がわかってしまったら、あんまり面白くなくなっちゃいました……(ゴ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


五 + = 11