たとえ役に立たずとも無害な情報キャンペーン

 ブログひとつ更新するにも、慎重な姿勢を崩すことのできない自粛ムードのなか、
マメな更新を続けているブログがある。

 ギャルママモデルで有名であるそうな
板橋瑠美のブログ『2face Rumi』http://ameblo.jp/rumiringo-blog/)である。

 私なんかは、未曾有の大災害を前にうろたえ、
このブログにしてもちょっとしたスクランブル態勢になってしまっているが、
彼女の場合は、震災以降も淡々と自分の日常を書き綴りながらも、そのなかに

非常用ライトをレジ袋で包むと明るさが増すので、停電時に有効

などといった、ママならではの、今のご時世に実用的な生活の知恵がちりばめられている。

 これぞ、

たとえ役に立たずとも無害な情報

理想的な発信の仕方なのではなかろうか。素晴らしいバランス感覚の持ち主だと思う。

 震災翌日からツイッターで、「祈る」とのつぶやきとともに子どもの絵「smile34」を描き、
その後も笑顔の少年、お年寄り、動物を続けて発表している漫画家の井上雄彦は、こう語る。

自分のいつもの仕事をしっかりやることが大事。
僕のやっていることは決してそれ以上ではありません。

 ぜひとも見習いたいものである。

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


3 × 一 =