スキャンダルの報酬

 もう古い話になってしまったのかもしれないが、

やれ、

みのもんたが震災当日に銀座の高級クラブに遊びに来ていた、そんな金があるくせに被災地への救済措置はまったくなし、どんだけケチなんだ!(でもじつはかなり早い段階で1億円もの大金を寄付しており、単に公表していなかっただけだったらしい)

だとか、
やれ、

アムロ5千万円寄付したのに、あゆは3千万円しかしていない!

だの……、義援金の額によって著名人を糾弾するスレがネット上で炎上していたが、どれもこれもが

せめて実際に3千万寄付してから言えよ!

といった、人の好意を踏みにじるさもしい内容で、月並みながらこういった風潮を大変苦々しく感じていたりしたものだ。

 ところで、野球の佑ちゃんの、初のスキャンダルがちょっとした話題になっている。

 彼が大学時代に一夜を過ごしたキャバ嬢みたいな女が出所で、ベッドで寝ている佑ちゃんの写真も、その女の告発文とともに流出している。

 これが現在進行形で、しかもレイプまがいのやりとりのすえ孕まされたりでもしたならば、
まだわからないでもないが、大学時代の話だろ?

そりゃ、セックスくらいするわいな!

 その女は、

もうすぐ結婚するので、けじめとして公表に踏み切りました

みたいな、わけのわからないことを言っているが、まったくもってさもしい根性の持ち主だ。

 商売として成立すると判断しての掲載なのだから、出版する側の取った行動にとやかく言うつもりはない。

 でも、ネタを持ち込んだ側

10万だかいくらだかは知らないが、謝礼もらっただろ!?

その金、義援金として全額寄付しろ!!

 あえて私はこう言いたい。

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


七 + 2 =