告発

 どんな場所でも

好みの容姿だったり、
エロい服装やプロポーションだったり、

の女性を発見したら、つい

ガン見

してしまう癖が私にはあるのだが、
そのあまりに露骨なまでの

ガン見っぷり

に、いつか相手から

告発されちゃうんじゃないか?

と、我ながら不安に感じることも
なくはない。

 で、田園都市線で、
渋谷駅に向かっていたときのことである。

 ピタピタの黒いノースリーブを着た、
顔や四肢の線がほっそりしているわりには、
谷間がきちんと出来上がっている
女子大生風のおねえちゃんの胸を
例によって、車内でガン見していたら、

降車と同時に、その彼女が
携帯電話を取りだし、

開口一番。

「今さあ、電車で前に立ってたオヤジが
アタシの胸んとこ、ず〜っと見ててさぁ、
むっちゃキモかったんですけど〜!」

 本当に告発されてしまいました。

 ガン見も度が過ぎれば

犯罪行為一歩手前

ってことである。

 猛省を促したい。

 誰に?

 私に、だ。

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


− 2 = 七