ごはん食べながら読むのはやめてください

 あのぉ〜
ものすごく汚い話
していいですか?

 前日の夜あたりに
糸こんにゃくだとかえのき茸だとかを
食べたとしますよね。
 そう。
すき焼きだったりちゃんこ鍋だったり……ね?

 で、次の日の朝、
トイレにこもって
うんちをし終わると……、
妙な残糞感が残ってるんですよ。

まだ拭き残しが
あるんじゃないか?

と、トイレットペーパーで
肛門周りを注意深く
まさぐってみれば……、

まるでタンポンのひもみたいな物体が
ぷらんぷらん
(お洒落な雑貨のお店『フランフラン』じゃないですよー)
垂れ下がっているんですね。

 それって、タネを明かすと、
未消化のままうんこに混じっていた

糸コンニャクやエノキ茸

だったりするんですけど、
ゆっくり引っ張ってみたら、
無茶苦茶気持ちイイんですよねー!

 たとえるなら、

長〜い鼻毛の先を指先でつまんで
引っ張ってみると、
まったく予想のつかなかった
毛根部がピンと突っ張った

……みたいな快感!

 引っ張ってみたら
糸コンやエノキじゃなくって

回虫だった

ってパターンは
シャレになりませんけどね(笑)。

 以上、ものすごく汚い話でした!!

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


+ 5 = 九