「著作権の非親告罪化」で日本から新曲が消える!?

「著作権の非親告罪化」で日本から新曲が消える!? 今年、アメリカで音楽著作権のあり方をめぐる大論争が勃発した。ロビン・シックの世界的ヒット曲「ブラード・ラインズ」がR&Bの大御所、マーヴィン・ゲイの楽曲の盗作であるとして、ゲイの遺族が告訴。訴えが認められ、約9億円の支払いを命じられたのだ。

 問題は告訴の理由だ。従来の音楽著作権をめぐる裁判では歌詞やメロディの類似が争点になってきたが、ゲイの遺族は「曲のフィーリング(雰囲気)が似ている」という驚きの理由で告訴に踏み切り、勝訴してしまったのだ。

 著作権問題に詳しい、弁護士の福井健策氏はこう語る。

「主観的な『同じ曲のように聞こえる』ことを根拠に著作権違反が認められたのは、かなり踏み込んだ判決でしょう。これは著作権のあり方そのものが問われる、非常に大きな問題だと思います」

 そこに現在交渉中のTPPで議論されている「著作権の非親告罪化」が追い打ちをかけるという。

「非親告罪化の問題は処罰に権利者の訴えを必要としないところ。今回は遺族からの訴えでしたが、ネット上で『これはパクリだ』と騒動になり、『なぜ犯罪者を放置するのか』とクレームが入れば警察も捜査せざるを得ない。しかも音楽は世界中に膨大なアーカイブがあり、ネットで探せばほぼ確実に似ている曲は見つかる。悪意を持った人が権利者を貶めるために騒ぎ立てることだってできるわけです。『似ている』ことが著作権違反の根拠として成立するなかで非親告罪化が認められれば、クリエイターは間違いなく萎縮する。文化にとって大きな打撃です」

 あらゆる創作は先人の遺産のもとに成り立つもの。「パクリ」と騒ぐのもほどほどにしないと、やがて日本から新曲が消えてしまうことになるかもしれない。

― 2020年日本を襲う[最悪のシナリオ] ―

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中