雑学

70代・女性ホームレスの過酷な現実…500円で体を売って生活する日々

 先日、東京・多摩川の河川敷でリア充生活を送るホームレスたちの姿を報じたところ、大きな反響があった。だが、今でこそリア充生活を謳歌する多摩川ホームレスたちだが、もちろん彼らは少数派。都心で暮らす大多数のホームレスが日夜厳しい生活を送っているのが現実だ。前回は、東京と大阪のホームレス男性50代をレポートした。今回はそんな都心に暮らす女性のホームレスの過酷な現状を報告したい。

ホームレス歴30年の老婆が行う“ある施し”


都心に暮らすホームレスの過酷すぎる現実…500円で性的サービスする70代女性も

浅草某所の公園の藪の中で深田さんのプレイは行われる

 浅草の雷門近くの公園。ここで30年間、路上生活を続けてきた深田絹江さん(仮名・70代後半)は、まさにそんな高齢ホームレスの典型。体力的に力仕事は無理だが、ある驚きの方法で収入を得ている。

「ずっと公園で寝る生活です。もう年でまともに働けないから、男の人に“施し”を受けて、なんとか生きています」

 深田さんの語る「施し」とは“売春”を意味する。驚くべきことに、彼女は現役の売春婦なのだ。そもそも彼女は、どうしてホームレスになったのか。

「もう30年もやってるからね、理由なんて忘れちゃった。でもそんなものですよ。最初から家のない暮らしをしようと考える人なんていないんだから。みんな何かの拍子でホームレスになるの」

次のページ 
1000円とか、500円玉出して性的サービスも

1
2




おすすめ記事