エンタメ

『孤独のグルメ』原作者・久住昌之が語る谷口ジローへの思い「画が繊細で、実際より魅力的になる」

――第8話あたりから扉の描き込み、スタイルが決まってきますよね。
孤独のグルメ

第8話

久住:あの工業地帯の絵はぶったまげた(笑)。描かせてごめんなさいだ。第8話の川崎セメント通りの焼き肉の回ね。このころ、まだ「一人焼き肉」って習慣が東京にはなくて、「ヨシ、一人で行って焼いてみようかな」と考えたんだよね。「うおォン! 俺はまるで人間火力発電所だ」という五郎のセリフは、谷口さんの画が完成してから五郎の表情を見て、元のセリフをボクが書き直したもの。そういうフィードバックはたくさんあった。第9話の江ノ島も、谷口さんは自然が好きだから、一度描いてみてほしかった。トンビとか海、やっぱりいいんだよね。
孤独のグルメ

第9話

※このインタビューは3/28発売の週刊SPA!のインタビュー連載『エッジな人々』から一部抜粋したものです。実写版で主演の松重豊さん、フランスでのエージェントであるカンタン・コリーヌさんも訪ねお話を伺いました 【谷口ジロー】 ’47年、鳥取県生まれ。アシスタント生活を経て、’71年『嗄れた部屋』でデビュー。代表作に『事件屋稼業』「『坊っちゃん』の時代」『歩くひと』『父の暦』『孤独のグルメ』『遥かな町へ』『神々の山嶺』『冬の動物園』など。ハードボイルドから、歴史もの、文芸、SFまで幅広いジャンルを精緻な絵柄で描き続けた。’00年代からは海外での評価も高まり、故郷・鳥取を描いた『遥かな町へ』は舞台をフランスに移し映像化された。アングレーム国際漫画祭最優秀美術賞、フランス政府芸術文化勲章シュヴァリエ賞ほか国内外で受賞歴多数。’17年2月11日、多臓器不全により逝去 【久住昌之】 ’58年、東京都生まれ。漫画家。代表作に『かっこいいスキヤキ』『孤独のグルメ』『花のズボラ飯』ほか。漫画、イラスト、音楽と幅広く活動し、ドラマ版『孤独のグルメ』では全編の音楽を担当 取材・文/壹岐真也 写真/福本邦洋(久住昌之) ビッグコミックオリジナル編集部(谷口ジロー)
1
2
週刊SPA!4/4号(3/28発売)

表紙の人/ 藤原さくら

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

孤独のグルメ 【新装版】

輸入雑貨商の井の頭五郎が下町で、仕事先で、味わう食の数々。山谷のぶた肉いため、中津のたこ焼き、西荻窪のおまかせ定食など、流行グルメが去った後に残ったものを探す

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事