雑学

バレンタインデーに酒好きがもらったら喜びそうなビールやワインは?



バレンタインにワインと言えば……


 ワインにはチョコレートを入れるというわけにはいきません。過去にカカオを使ったバレンタイン用のワインも出たのですが、広まりませんでした。ラベルやネーミングなどで絡めるのが普通です。

 バレンタインと言ったら、ハートのラベルデザインが特徴のシャトー・カロン・セギュールが定番です。軽く1万円以上するので、もう少しお手頃がよければ、同じシャトーのセカンドラベルである「ル・マルキ・ド・カロン・セギュール」やサードラベルの「サン・テステフ・ド・カロン・セギュール」もラベルにハートをあしらっているのでバレンタインデーにぴったりです。有名かつ、ワイン自体も超絶美味しいのも高ポイントです。

「CH.CALON SEGUR」のウェブサイト。日本語版もあるのでチェックしてみましょう

 ワインのアロマや味にチョコレートを感じることはあります。それがぶっ飛んでいるのが、イタリアはMare Magnum社の「チョコレート・チューブ プリミティーヴォ」です。今年版はまだ届いていませんが、もちろん筆者は自分で自分に買っています。ブドウはプリミティーヴォといい、濃い! うまい! という感じです。これは、アメリカを始め他の地域ではジンファンデルと呼ばれているブドウと同じものです。「え、カカオ入ってるよね」というほど濃いので、チョコ代わりにもぴったりです。

「チョコレート・チューブ プリミティーヴォ」は、Amazonで2210円で販売されていたので衝動買いしてしまいました

ラベルがハート形のスパークリンワイン


 バレンタインという文脈で紹介されることは少ないのですが、とても美味しかったので紹介したいのが、ジャニソン・バラドンの「ヴァンドヴィル」です。ラベルがハートの形をしているシャンパーニュで、とても華やかで幸せになるスパークリングワインです。ドサージュは控えめで、日本人好みの辛口に仕上がっています。

ジャニソン・バラドンの「ヴァンドヴィル」。Amazonで5630円でした

 他にも、チョコレートのフレーバーを付けたウォッカや、カカオやチョコレートのリキュールなどもあります。また、チョコレートの中にお酒を入れるボンボン・ショコラではありとあらゆるお酒が入った製品が販売されています。大吟醸入りのチョコレートボンボンもあるのです。

 お酒が好きな男性が、バレンタインデーにちなんだお酒をプレゼントしてもらえたら、狂喜乱舞すること間違いなし! ぜひ、プレゼント選びの候補に入れてみてください。

お酒を毎晩飲むため、20年前にIT・ビジネスライターとしてデビュー。酒好きが高じて、2011年に原価BARをオープン。2年前に海底熟成ウイスキーを扱う「トゥールビヨン」を立ち上げ、現在販売中
1
2





おすすめ記事