ライフ

東大生が実践している「タダでできるのに、英語力が確実に向上する勉強法」

インターネットで「海外留学」する方法

インターネット YouTubeやネットフリックスにある最近の作品は、基本的に現代の人々が見ることを想定されて作られています。今の人々の心に響くような作品を作るためには、視聴する人たちの使っている生の言葉でメッセージを発信しなくてはいけません。  その結果、流行りのドラマや映画作品などを見れば、実際に海外で話されている英語に限りなく近い、「生きた英語」を取り入れることができるのです。  逆に本で勉強してばかりでは、なかなか難しいかもしれません。日常会話では、単語やフレーズの省略やイディオムが頻出しますし、発音すらも教科書通りとはいかないからです。

ゲームやマンガを活用する方法もある

 たとえば、日本語で「○○してしまって」という表現でも、会話では「○○しちゃって」となりますよね。  でも、実際に文章で「○○しちゃって」と書く人は少ないはず。「○○してしまって」という表現しか知らないと、「○○しちゃって」と言われても、それに気づけません。「読めるけど話せない」という人の落とし穴はここにあったんです!  もちろん、YouTubeやネットフリックスのような動画に限らず、ゲームやマンガ作品でも大丈夫です!  最近では『Apex Legends』のような海外発信のゲームが日本で流行するケースも増えてきました。特にこのような海外発のゲームなら、ゲーム内設定を変更すれば、ゲーム内の使用言語を英語にすることができます。  結局、自分の興味のある媒体で英語を摂取するのが一番ですから、自分に合った英語勉強教材を探してみるのがオススメです!
次のページ
YouTubeをもっと活用する方法
1
2
3
4
5
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート