続・再度掲載!Sか?Mか?についての論文

前回に続いて、
私が過去『俺の恋を笑うな』
かなり前のほうで書いた内容を、
合コンで

「コレ、俺が考えたんだぞ」

といった風の
したり顔で語り、
出席していた女子たちの
注目を浴びて、
しかも即日お持ち帰りまで
果たしちゃったという
同業者の存在を聞きつけ、
やはり、癪なので
再掲載させていただく。

【タイトル:ドMであってドSでもある!】
 安易な二元論として、
私が気にくわないのが
ドS・ドMの種分けである。

「ドエス? ドエム? どっち?」

 こう訊ねられて、どちらかを選択し、さらっと答える人がいる。

 それって、おかしいんじゃないか?

 そもそも100%サド、100%マゾなんて人間は、心療内科的な見地からしても完璧な精神異常者、平たく言えば気狂いだ。

「ドエス? ドエム? どっち?」

 こう訊ねられて、たとえばドS30%・ドM70%、と答える人がいる。

 健常な人間なら必ずサドとマゾ、両方の資質を兼ね備えているという点を踏まえているぶん、リアクションとしては悪くない。ただ、数字に間違いがある。

 ドSとドMのパーセンテージを足して100%にするのではない。サド気質を70%持つ人間はマゾ気質も70%秘めている、サド30%ならマゾも30%、5%なら5%……つまり、サドっ気の強い人間はマゾっ気も同じだけ強く、弱ければ同じだけ弱い。スポットをあてるべきなのは、どちらに属するかじゃなく、S−M間の振り幅の大小なのだ。

 私はこれを

SM振り子の法則

と名付け、スキあらば、あらゆるメディアで提唱し続けてきた。

「ドエス・ドエムの“ド”に、どれくらいの%をイメージする?」

 こう訊ねるのが正しいのである。

……と、まあこんな感じである。

 人の話で女食ったなら、
その女、ちゃんと
私にも回して欲しいものである。

 

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


+ 6 = 十四