パチンコ必負法

あくまで趣味の域は
越えていないと
自分では思っているのだが、

パチンコ

が意外に好きで、
ふとしたタイミングで
時間が空いたときなんかは、
つい足が向いてしまう。

で、

●基本、ハマり台で打つ
●となりが大爆発しているときはとっとと逃げる
●一度大当たりしたら、連チャンしなくて単発でも130回だけまわして、とっとと勝ち逃げする。
●恥ずかしいけど、夕方新台に並んでミドル台を打つ
●「3万円は捨ててもいい」という金銭的余裕がなければMAX台は打たない
●台に座る前、「慶次様、今日は1万でもいいから勝たせてください!」みたいに両手を合わせて拝んでから打つ

などといった、
パチプロから見たら
およそ

間違っているに違いない

俺セオリー
律儀に遵守しながら
その日の台に挑むわけだが、

「これは今のところ
100%外していない!」

というセオリー、というか

負のジンクス

が、ひとつある。

「射精した後、
パチンコに行っても
絶対に勝てない」

のだ。

たとえば、
風俗帰り
だとか
昼間にラブホで
フリータイムを利用し、
セフレと激しい情事に耽ってから

だとか
オナニーで
一発抜いてから

パチンコに行っても
ろくな事がない。

完全完璧100%
かならず大負け
くらってしまうのだ。

ちなみに、
お腹がいっぱいのときに行っても、
100%まではいかないが、
勝率はかなり低くなる。

やはり、
欲が満たされた状態ゆえ
パチンコの神様

「お前、すでに
気持ちイイこと
してきたんだから、
今日はもういいだろ?」

と、ツキを私から
取り上げてしまうのだろうか?

八百万の神
恐るべし!

皆さんもゼヒ一度
試してみてください。

5〜6万くらい、
平気で持ってかれちゃいますから……。

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


四 + 2 =