「飲み会は残業代出ますか?」20代社員のイラッとする一言

30代, 人間関係, 仕事術, 職場

スキンシップも微妙かも……

 35~45歳のサラリーマン100人に調査したところ、約4割が「20代社員と仕事のスタイルが合わないと感じている」と回答。部下からの何気ないひと言に温度差を感じているようだ。

 続いて「20代の後輩・部下に対する不満」を聞いたところ、下記のような結果となった。

1位 やる気がない 45%
2位 仕事のスタイルが合わない 39%
3位 仕事の仕方を教えてあげてもその通りにやらない 36%
4位 言い訳ばかり 36%
5位 すぐに泣き言を言う 27%
※複数回答可

 1位「やる気がない」に対しては、「最初の返事が『できません』のときがよくある。まず、やってみる努力はないのか」(38歳・メーカー)、「『それって、僕がやることですか?』と真顔で言われた」という意見が代表的。確かにこれにはイラッとさせられそうだ。

 問題なのは、2位「仕事のスタイルが合わない」。どちらのスタイルが正しいとは言い切れない部分もあるので、後輩を頭ごなしに否定するわけにもいかないだろう。

「徹夜で仕事をしていると、余裕こいて出社してきた後輩に『なんでそんなに真剣にできるんですか?』と呆れ気味に言われてイラッ」(37歳・商社)。ライフワークバランスを重んじる20代には、「仕事だからやらなきゃならないんだ」という理屈は通用しないのかもしれない。

 ほか、バブル世代から「飲みも仕事のうち」、「飲み会で親睦を深める」と教わってきたアラフォー世代と、「仕事は仕事、プライベートはプライベート」の20代の溝は深くて暗い。

「『飲みニケーションしないとコミュニケーションが取れないんですか?』と言われた」(41歳・通信)、「『飲み会は残業代出ますか?』と言われて唖然とした」(41歳・繊維)などの報告が多数。ねぎらうために飲みに誘うなどは、ありがた迷惑ではなく、単なる迷惑と思われる可能性を肝に銘じておきたい。

 3位「仕事の仕方を教えてあげてもその通りにやらない」に対するコメントの、「『ほかの人にアドバイスもらいます』と言われてへこんだ」(36歳・アパレル)はかなり切ないが、4位「言い訳ばかり」の「ミスを指摘したら、『言われたとおりにやったんですけど』と言い訳された」(39歳・IT)といった反撃も手ごわい。

 5位「すぐに泣き言を言う」には、「仕事のできない部下に厳しく指導していたら『課長にはいじめられているようにしか思えない』と涙目で言われ、以後腫れ物のような扱いをするように」(43歳・メーカー)、厳しい指導とパワハラの境目は難しい。ただでさえ忙しいのに、身内の指導にも細心の注意を払わなばならないアラフォー世代は大変だ。

 こちらのスタイルを押し付けるのではなく、初めから「違うもの」として一旦受け入れる。そのうえで、お互いの意見やスタイルをすり合わせながら落としどころを見つける。このあたりが、先に年を食った側の役割なのかもしれない。自分だって20代の頃には完璧とは言えなかったはずだ。

<取材・文/ともりん>

あなたが部下から求められているシリアスな50のこと

あっちにも言い分があるはず……。

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中