山本太郎は闘い続ける「米国に差し上げたお土産は、返していただくしかない」

<山本太郎氏インタビュー>

――昨日(9月25日)、山崎正昭参院議長から呼び出されましたね。

山本太郎

山本太郎氏

山本:議長室には副議長と議員運営委員長も同席、9月18日の参院本会議での問責決議案採決の際に、喪服姿で合掌をしたことが「参院の品位と節度を失墜する行為だ」と厳重注意を受け、「次回やったら(懲罰委員会にかけて)議員バッジを外してもらうこともある」という警告もいただきました。大人に叱られる子供というような状況だったと思います。

 参院議長は除名の権限をお持ちではないですが、「懲罰委員会にかけて3分の2の議員が賛成した場合」には除名することになります。「次はそういう可能性もあるからね」と親心でおっしゃっていただいたのだと思います。

――喪服姿で、数珠を持ったことの真意は?

山本:あれは、「自民党が死んだ日」という意味で、ある意味お葬式だったのです。自民党と安倍総理が死んだ日ということを伝えたかった。今の選挙制度では、有権者の2割程度の支持で国の大事な政策が決められてしまう。国民の多くが反対もしくは懸念を抱えている問題を、議員だけで勝手に決めてしまった。ここで日本の民主主義は死んだと。「この違憲立法に対して異を唱えられない国民の代表って何なのか」「国会議員として死んでいる状態」という思いでした。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=964629

山本太郎

9月18日、参議院本会議での問責決議案採択の際に、喪服に数珠という姿で合唱し、焼香をするしぐさをした山本太郎氏

――この行為を目にした国民からは、厳しい反応が目立ちました。

山本:あの光景だけを見た人には「国会内でこんなことをするなんて!」「なんだ、このバカ!」という反応も大きかったみたいです。でも、叩かれることはわかっていましたが、政治に対する関心が高まってほしいというのが私の狙いでした。

 安倍首相に合掌したときは、「憲法や立憲主義や民主主義の大切さを国民が考えるきっかけを与えてくれた」と感謝する一方、米国の完全な植民地として日本を捧げたことへの抗議の意味もありました。怒りの抗議と心からの感謝を込めた“詰め合わせセット”でした。

――それに対して、どんな反応がありましたか?

山本:賛否ともども、たくさんいただきました。否定的意見も受け止めたい。党の小沢一郎代表からも、「ふざけているように見えたら元も子もない」と叱責されました。

 しかし私が2年前に参議院議員になって以来、「ルールを守れ」とたびたび言われてきました。ところが、このたびルール違反で民主主義をぶっ壊す強行採決をした与党議員には、何のお咎めもありません。鴻池祥肇委員長をガードする“人間かまくら”には、安特委以外の議員も加わりました。

「盗まれた採決」と言われていますが、これは強盗ですよ。国会議員の質問権と国から付託された評決権(法案への賛否の意思表示)も奪われたという“強盗行為”が問題にされていないのにはびっくりしています。

参議院特別委員会での安保法案の強行採決の模様

9月17日午後4時頃の参議院特別委員会での安保法案の強行採決の模様。前日から苛烈な与野党攻防が続いていたが、最後まで議場は混乱した

――デモでの発言も物議を醸しています。

山本:「安倍晋三お坊ちゃまが~」というやつですよね。今年5月、安倍さんがアメリカさまに渡り、議会でこの法案を通すことをお約束されました。そして9月26日頃に、ニューヨークに安保法律を手土産にお出かけになる。

 でも、今からですよね。米国に差し上げたお土産は、返していただくしかない。「我が国にとって一番大切なものだから返してください」という外交ができる政治を、皆さんの力で私たちの力でつくっていきませんか。本来、一番の権力者は、この国の皆さまなのですから。

 法案成立後に国会前集会で宣言した通り、アメリカからお土産を返してもらう闘いを続けていきます。まずは来年夏の参院選が決選の場です。そこで野党が結集して与党を過半数割れに追い込んで、衆参の捩れ状態をつくる。そして次の衆院選で政権交代に持っていく。安倍政権を倒すのか、アメリカの植民地状態が続くのかギリギリのところにあります。

【山本太郎氏】
’74年生まれ。俳優を経て’13年に参議院議員に。現在、「生活の党と山本太郎となかまたち」に所属。先月、安保法制に関連した一連の参議院採択では、「ひとり牛歩」や「お焼香パフォーマンス」を行い物議を醸した

― 安倍政権[アメリカ追従政策]悪魔のリスト ―

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中