ニュース

日本の製薬会社が抱えている「2020年問題」とは?

 新薬高騰による医療財政の破綻なども危惧されている昨今の日本。なんでも国内の製薬会社もまた没落の苦境に立たされているという。

国内ドル箱新薬の特許が切れる


日本の製薬会社が抱えている「2020年問題」とはなにか? 高価な新薬が立て続けに特許切れ

※写真はイメージです

 2007年度のデータでは世界の売り上げ10億ドル以上の製品のうち、15品目が日本国内の製薬会社の開発による新薬という好調ぶりを見せていた。しかし、それら世界の売り上げ上位の薬の特許期間が、2016~2020年に立て続けに切れることで、ジェネリック薬品が市場に出回ることになるのだ。

「海外で開発された薬で10億ドル以上の売上を誇っている薬は、ほとんどが抗体医薬品と呼ばれる特殊な製法で作られた単価が高い薬ばかりです。この数年内に特許期間が切れる国内製薬会社の稼ぎ頭とも言える薬は、それに比べると単価の安く、需要の高い(患者数の多い)薬で、統合失調症やうつ病で処方されるエビリファイ、高血圧患者に処方されるオルメテック、頻尿治療薬のベシケアといった薬が名を連ねています」(30代・製薬業界関係者)

次のページ 
日本の患者の“安かろう悪かろう神話”にスキあり

1
2




おすすめ記事