ライフ

意外と知らない「睡眠の新常識」ベスト5――夕方の仮眠はNG、スヌーズ機能で寝覚めは悪くなる…

 起床時の新常識としては、「アラームのスヌーズ機能は目覚めを悪くする」と覚えておきたい。 「起床時の“覚醒”をつかさどるコルチゾールというホルモンは“いつも起きる時間”にピークになるよう分泌されます。ですが、スヌーズ機能を使って起床時間をだらだらとズラしていると、どのタイミングにピークを持ってくればいいのか脳が判断できなくなる。1回でスッキリ起きられないからスヌーズ機能を使っているという人は、実は逆効果だったんですよ」 <知っ得! 新常識ベスト5> 1.夕方の仮眠はNG 知ってる…53% 知らない…47% 2.仮眠は本気で眠くなる前に「計画的」にとる 知ってる31% 知らない69% 3.寝つけないときにベッドに入ると逆効果 知ってる…18% 知らない…82% 4.スヌーズ機能を使うほど、寝覚めは悪くなる 知ってる…17% 知らない…83% 5.寝つきがよすぎるのは睡眠不足の兆候 知ってる…15% 知らない…85% 【菅原洋平氏】 作業療法士。ユークロニア代表。企業を対象に、生体リズムや脳の仕組みを使った人材開発を行う。近著に『脳にいい24時間の使い方』(フォレスト出版) ― 知らなきゃ損する[健康新常識] ―
1
2
3
脳にいい24時間の使い方

「この時間に、これをやるだけ」で仕事のスピードと質が上がる! 医療現場と企業研修で実証済み!結果が変わる科学的パフォーマンス最大化の新「習慣」

テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白