恋愛・結婚

「普通の女性として幸せになりたい」美しすぎるタイのニューハーフたちの素顔と本音

 はるな愛が世界一のニューハーフ美女を決める国際大会「ミス・インターナショナル・クイーン」で優勝するなど、女性以上に美しいニューハーフの存在が認知されつつある。

 実際、恋愛対象としてニューハーフにハマってしまう男性は意外と多い。特に、ひと通りの遊びを経験してきた富裕層のなかには、パトロンとなって高額な性転換手術費用を請け負う人や、ニューハーフを求めて本場・タイまで足繁く通い、挙げ句の果てに貢いでしまう人も……。

 だが、そこにいるニューハーフたちが、なにを考え、どんな生活を送っているのかまではあまり知られていない。そこで今回は、彼女たちのリアルな姿を追う。

本物の女性と見まがうほどの美しいニューハーフたち

女性よりも美しいニューハーフの姿


 タイではニューハーフのことをレディボーイと呼ぶ(以下、レディボーイ)。100人以上のレディボーイを撮り続けているバンコク在住フォトグラファーのクレイジーモンキー氏に話を聞いた。

「もともと男性だったこともあり、身長やスタイルの良さが際立っている。タイのレディボーイって、本当に美しいんですよね。現地の女性でも羨むほど。僕も昔は、とある嬢に何百万と貢いでいました。たとえレディボーイでも、顔が新垣結衣ならまあいいかって(笑)」

 タイのゴーゴーバーやクラブでナンパし、ドヤ顔でお持ち帰りをしてみたらレディボーイだった、という経験をしたことがある人も少なくないだろう。クレイジーモンキー氏も例外に漏れず、はじめはうっかりミスがキッカケだったという。

「当初はたんなる夜遊びのつもりでしたが、私生活にも踏み込むようになってから、彼女たちと真剣に向き合い、被写体として追うようになりました。そこからは良くも悪くも少し見方が変わってきましたね」

 レディボーイはゴーゴーバーなどで働いており、“経済的に恵まれないタイの売春婦”という風にかわいそうな目で見ていた部分もあったという。「貧しい実家に送金している」というお涙頂戴の話を聞かされることも珍しくない。だが、現実はこうだった。

「彼女たちは、実際そこまで深く考えておらず、悲壮感もありません。タイにはマイペンライ(なんとかなる)の精神が根付いているからでしょうか。人気嬢のなかにはチップや愛人からのサポートを含め、日本円にして月収200万を超えるレディボーイも少なくない。ぶっちゃけ、普通の日本人より全然稼いでいますよね」

 さらに、クレイジーモンキー氏はこう続ける。

「しかも本当はタイ人男性の恋人がいるケースがほとんど。稼いだお金の使い道は、ヒモの彼氏を養っていたり、自分の好きなブランド品を買い漁って楽しく生きています」

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1271862

彼女たちは、派手な装飾品や衣装を好む

家を訪れた際の写真。複数人のレディボーイが同居していた

次のページ 
整形やホルモン注射…刹那的に生きる代償

1
2
海外アングラ旅行

海外の裏情報が満載。ろくでなしバックパッカーのとにかくゲスい諸国漫遊記!!




おすすめ記事