ニュース

月末金曜日に実施、「プレミアムフライデー」って日本で普及する?

2月24日から実施される「プレミアムフライデー」。日本社会で普及・定着するか

 近年、ファミレスが24時間営業を廃止したり、三越伊勢丹HDが2018年から正月三が日の休業を検討したり、これまでの働き方を見直す動きが盛んになっている。国も、昨今問題となっている「長時間労働の是正」や、テレワークなどを導入することで「柔軟な働き方の普及促進」などの実現を目指す「働き方改革」を重要政策として掲げている。

 その「働き方改革」の一環で、2月24日から「プレミアムフライデー」が実施される。ところがこのプレミアムフライデー、いまいち聞いたことがない人も多いだろう。プレミアムフライデーは月末の金曜日、15時に仕事を終えて早めの退社をし、明るい時間から買い物をしたり飲んだり、旅行を楽しんでもらおうという、経済産業省と経団連による消費喚起策だ。飲食店や小売店はもちろんのこと、金曜の午後から土日を使った“2.5日旅”を提唱している旅行業界にも恩恵が期待されている。

 24日から始まるのを前に、各企業の実施も明らかになってきているが、実際15時に退社すると、どのような過ごし方をするのか? 再生可能エネルギーのサポートサービスなどを行うネクスト株式会社では、1月にプレミアムフライデーを試験的に先行導入し、社員の2割がプレミアムフライデーを取ったという。

 ネクストの女性社員、藤井真紀さん(26才)は、「来月に行われる友達の結婚式で使う小物等を買いました。通常の平日や土日に買いに行く時間がなかったので、助かりました。また、家庭があるため家事と勤務を繰り返しがちなのですが、自分のための時間を持つことができたのでうれしく思いました」と語る。

 また、橋本大輝さん(24才)は、「宇都宮に住んでいる友人と久しぶりに会って、餃子のお店を3軒ハシゴしました。餃子を堪能した後は、オールで(徹夜で)ダーツをやりました。とても眠かったですが…充実したプレミアムフライデーでした」とアクティブに過ごした様子。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1291958

次のページ 
プレミアムフライデー実施による弊害も指摘

1
2




おすすめ記事