カーライフ

“平均年収”約25万円。昭和30年代の日本のようなウズベキスタンでスポーツカーがモテない理由

 ところでスポーツカーへの憧れはないのだろうか。1台も見なかったが……。 「スポーツカーは高すぎるし、道が悪いので誰も欲しがりません」  確かにウズベキスタンの道路は、ちょっと地方へ行くと穴ぼこだらけ。路上では穴ぼこを避けるレースとなり、うまく避けたクルマが他車を出し抜いて前に出るという、激しい戦いが繰り広げられている。 ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1328396

ウズベキスタン郊外のデコボコ道。本当はもっともっとヒドイ道があるんですが、クルマの揺れがヒドくて写真が撮れません

 そんな道では、時速80kmも出すと非常にスリリング。しかもそこらじゅうでスピード違反の取締りをやっていて、捕まると200ドルの罰金、2度目は1000ドルくらいに跳ね上がり、マジで生活が脅かされる。そりゃスポーツカーはいらんわな。

「ハイウェイ」の脇を牛がのんびり歩いているウズベキスタン

 そんな感じのウズベキスタンのクルマ事情だが、首都タシケントの富裕層の間では、輸入車(ロシア製を除く)に乗るのがステイタスになりつつある。ただし欧州車は要人用や結婚式用レンタカーの黒塗りメルセデスSクラスを除きごく稀で、一般ユーザー車としてはトヨタ車や現代車がチラホラ程度。日本人からすると、シボレーもトヨタも現代もそんなに変わらん気がするが、同クラスでもシボレーの2倍以上するトヨタや現代に乗るのはとんでもないゼイタクで、やっぱりモテるらしい。 ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1328397

ウズベキスタンではゼイタク品のトヨタ・カムリ(旧型)。わざわざ2倍も払って買うこたぁないと思うが……

「そりゃあ高いクルマに乗って、いっぱいお金を使えば女性にモテますよ。当たり前じゃないですか(笑)」

同じくトヨタ・アバロン

 ウズベキスタンはイズラム圏としては宗教的に寛容な国で、婚前交渉はタブーだが自由恋愛もアリ(結婚前提だけど)。その決め手はかなりカネ次第のようでした。やっぱ世の中そういうもんですネ! 取材・文・写真/清水草一(道路交通ジャーナリスト) 【清水草一】 1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事