雑学

ラグジュアリー化する「ラブホ業界」の裏側――若い女性客を狙い2000万円をかけた超高級な部屋も

 今、ラブホテル業界に大きな変化が訪れている。メインターゲットとなる客層は女性や外国人観光客へとシフト。それに伴い、これまで見られなかったような高級ホテルやテーマパークのようなホテルが続々誕生しているのだ。その裏側とは?

2000万円をかけた、超高級な部屋も誕生!!


ホテル グラス

高級リゾードと同じジャグジーを完備する部屋も

 繁華街の片隅に連なるいかがわしいネオンサイン、中に消えていくのはデリヘル嬢に人目を偲ぶ不倫カップル……。と、怪しいイメージが付きまとうラブホテル。だが、そんなイメージに反して、今業界には大きな変化の波が訪れている。ラブホテル評論家の日向琴子氏は次のように話す。

「実は若い女性客や外国人観光客が大きな収入源になっているんです。そのため、女子会やリムジン付きクルーズ、観光地を巡るツアーなどのプランも登場し、ホテル側はさまざまな新企画を打ち立てています。最新美容グッズや、オーガニック系のアメニティが充実していることも象徴的ですね」

ゴージャス&コンセプト。非日常感で客の掘り起こし


 当たり前だが、“ただヤルための空間”では女性客は訪れない。変化するラブホテルのひとつの潮流は「ラグジュアリー化」だ。

 実態を確かめるべく訪ねたのは、東京・池袋にある「ホテル グラス」。最低宿泊価格9500円とラブホにしては高めだが、常時満室状態だという。なんと2000万円という破格の予算をかけ、改装を終えたばかりだという最上級の部屋は、約20畳もの広さで、半露天の大型ジャグジー付きだ。

「ジャグジーは数百万円の会員権で知られるリゾート『エクシブ』と同じもの。ベッド、クロスは輸入品で、アメニティも『フェラガモ』の製品を置いています」

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1357195

ホテル グラス

「ホテル グラス」テーマに沿ってデザインやインテリアにはこだわり抜く。波をテーマにした部屋。タイルの並び具合や天井の塗装も緻密に計算されているんだとか

 そう胸を張るのは同ホテルCEO。お客を飽きさせないため、同ホテルではこれまで6~7年周期で行っていた改装を、現在は3年スパンに変えたという。

「ホテル全体の統一感を保ちながら、部屋ごとに異なる設計士に任せ、雰囲気を変えています。ネットで情報が飛び交う今は、“飽き”のサイクルが速いですから」

 細かなマーケティングを行い、客の意見を汲み取る姿勢は、一般の高級ホテルと同じだ。

次のページ 
ラブホを銭湯代わりに?

1
2





おすすめ記事