雑学

キャラ弁は雑菌が付着しやすい…【知っておくべき夏場の食品管理】

目覚めの一杯は手づくりのスムージー。半熟卵を使ったエッグベネディクトで優雅な朝食。お弁当はジャーサラダでヘルシーに。仕事の後ははやりの熟成肉を味わえるビストロへ……絵に描いたようなオシャレな食生活も、一歩間違えば死を招く!?

◆キャラ弁

キャラクターの顔を再現して、ごはんやおかずを作るキャラ弁がここ数年大ブームになっている。しかし、最近では衛生面での不安から、夏場のキャラ弁を禁止する幼稚園、保育園も増えているのだという。

「具材を細かく刻んで、型どりして並べたりと、手に触れる時間が長く雑菌が付着しやすい。作るなら必ず使い捨ての手袋を使うべき。さらに上から次亜塩素酸水などをかけると、よりよいでしょうね」(内科医の吉島聡氏)

キャラ弁◆缶筒唐辛子

 調味料のなかでも怖いのは唐辛子。よく土産物屋などで竹筒や缶筒に入った七味唐辛子を売っているが、オシャレなデザインに惹かれて安易に手を出すのは危険なのだ。「唐辛子類は非常にダニが増えやすい。気づかずに口にしてしまうと、アナフィラキシーショックを引き起こす危険性があります。特に竹筒のものや缶に丸い穴が開いたタイプはビンに比べて非常にダニが入りやすい形状なのでオススメできません」(エフシージー総研の川上裕司氏)

唐辛子【川上裕司氏】
暮らしにまつわるさまざまな研究を専門とするエフシージー総合研究所・暮らしの科学部部長。東京家政大学大学院非常勤講師。農学博士

【吉島聡氏】
関西医科大学付属病院、関西医科大学などを経て新宿メディカルクリニック院長。内科医の立場から健康な体を実現する生活習慣を提唱している

取材・文/加藤カジカ 中村裕一 写真提供/エフシージー総合研究所
― 死を招く[オシャレな食べ物] ―




おすすめ記事