こんなとき私は…?

「容姿が優れていたり、男たちの目線を釘付けにしてしまうような露出をした女子に巡り会うと、知らぬ間にアメリカ人みたいに『ピュ~♪』と、口笛を吹く癖が私にはあるようだ」

みたいなことを、前にこのブログで書かせていただいたんだが、

もし、

それ以上に凄まじく格段とエロな女子

を目の当たりにすると、
私は、はたして
どんなリアクションを示すのだろう?

 いくら今どきは
「街コンのメッカ」
とも呼ばれている
恵比寿の街を
根城にする私とはいえ、
さすがに
そこまでハイ・スペックな女子を
見かけることなんて、
そうざらにないのだけれど、
今日、
とうとうすれ違ってしまったのである。

こそ個人的好みで採点すれば

100点満点で67点
といったところだが、
身長は170㎝くらいで、
脚がやたら長くて、

しかもくびれ、緊張感を
きちんと保っている。

 にもかかわらず、
バストサイズは
控えめに見積もってもDカップ、
しかも、ノースリーブの
乳包衣面積
は、めっぽう小さい。

 路ゆく男性陣たちの、
ほぼ全員の視線を浴びながら
闊歩する彼女の後ろ姿を
カッと見開いた目で追いながら、
私の口から思わず漏れた台詞は

「なんなんだ!
……アンタは!?」

でした。

 なるほど。私は
凄まじく格段とエロな女子
を目の当たりにすると
こういう台詞をつぶやくのか……。

 ささやかながら

新しい自分を発見

できました。

マル!

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


+ 1 = 九