切ない夢日記

 朝起きたら

ダーッ

泣きじゃくっていた。

 愛しい人の余命があと数日!

という夢を見たからだ。

 そして、その人は
ベッドに蹲りながら、
弱々しい声で

「私の肩を洗ってくれない?」

と、お願いしてくるのだ。

 そんな
やせ細りきった彼女を
病院(らしき所)の
シャワールームまで
背負っていき、
石鹸と温かいお湯を
したらせたタオルで、
左肩、右肩と
ゆっくり拭く私。

 切なくて切なくて
涙で彼女の肩胛骨が
霞んで見える。

「なんで、こんなやね〜ん!」

と、叫んだところで
目が覚めた、わけである。

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


− 一 = 1