なぜジープが女性にウケるのか? モテグルマ頂上決戦

ジープといえば“漢のクルマ”。現在はクライスラーのブランドですが、かつては三菱自動車もジープを作っていたりなど、いろいろなジープが走っていました。そんな“漢のクルマ”ジープが、いつの間にか、こんなことになってるやんけ! まるで『北斗の拳』の登場人物のなかに、少女マンガの主人公が交じっているようであります。果たして女性ウケやいかに?

もはや誰も興味ないと思いますが、モテグルマを調べてみました!MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
茂呂幸正=写真 Photographs by Yukimasa Moro

もはや誰も興味ないと思いますが、モテグルマを調べてみました!


 昔はクルマでモテたんだよ、なんて言おうものなら、「古墳時代の話!?」と問い返されそうな昨今でございますが、貧乏サラリーマン諸氏におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。今回は耳寄りなお話です。女性にモテそうなクルマが登場しました。その名をジープ・レネゲードと申します。

ジープ・レネゲード

イマドキの女子1番人気!? ジープというブランドもクルマのデザインも概ね好評でしたが、黄色のボディカラーは不評! クルマの色は保守的なほうがモテるようです

 まず基本からレクチャーいたしますと、近年の傾向として、SUVすなわちスポーツユーティリティビークルというタイプのクルマだけが、女性ウケが良いです。SUV以外は全滅ですが、SUVだけは「カッコいい!」と言ってもらえるのです。

 言ってくれたところでどうということはないですが、なんにせよプラス評価なら嬉しいじゃないですか!

 そのSUVの中でも、デカくて高級なヤツほど本格的にウケがよく、場合によっては女性の目が多少輝いて、「乗ってみたい!」と言ったりもします。その代表選手がメルセデスGクラス。「ゲレンデ」とも呼ばれますね。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1002620

元1番人気の元祖モテグルマ

元1番人気の元祖モテグルマ 同じGクラスでも、1000万円ちょっとのG350から、3400万円オーバーのAMG G65まで価格差は3倍もある(写真はAMG G63で約1900万円)。港区あたりでは、セレブ妻(?)が運転するゲレンデをよく見かけます

 芸能人や芸能人の妻が乗ることも多いこのGクラスが、現在、無敵のモテグルマとして地上に君臨しております。

 が、先日日本に導入されたジープ・レネゲードも相当イケそうです。ジープだけにゴツいんだけど、どこかイタリアっぽいキュートさがあって、そのミスマッチ感が女心をくすぐりそう。Gクラスが最低1000万円なのに対して、レネゲードは297万円から。これくらいの値段なら、貧乏サラリーマン諸兄も無理すれば買えなくはないですよね?

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1002622

ジープ・レネゲード
ジープ・レネゲード

“イタリア生まれのアメ車”で、ジープ初のコンパクトSUVレネゲードは、1.4リッターターボ(6速DCT)の前輪駆動モデルが297万円~、2.4リッターターボ(9速AT)の四駆モデルが345万6000円。Gクラスはムリでも、これなら買える!

担当K:じゃ僕が女性に大アンケートを取ってきます! 軽で一番ウケそうなハスラーも入れた3台で!

MJ:おお、それはありがたい。オッサン同士で「これはモテそうだ」なんて言ったところで空虚ですが、女性のナマの声を聞けば白黒はっきりしますからね!

担当K:結果が出ました!

MJ:ずいぶん早いな。

1位…レネゲード 20点
2位…Gクラス 16点
ビリ…ハスラー 4点

軽自動車は女子には不評……

軽自動車は女子には不評…… 軽自動車のなかでは高額なハスラー(約140万円~)ですが、我々の想像を超える不人気ぶり……。デザインがどうとか、走りがどうとかいう以前に、港区界隈で働く20~30代の女性には、軽自動車というだけで敬遠されました、涙

MJ:うおおおおーっ! ジープ・レネゲードが王者メルセデスGクラスを破った! 俺の目に狂いはなかったぜ! 王者交代だ! ところでこれ、何人に聞いたの?

K:1位3点、2位1点、3位0点で集計しました。合計10人です

MJ:た、たった10人かよ! はぁ~。

 では、貴重な10名の女性のナマの声をお聞きください!

「ベンツ。黄色じゃなければレネゲードでもいい。軽は嫌」(24歳)

「Gクラスはベンツだから好き。レネゲードは黄色じゃかなかったらアリ。軽自動車は検討外」(26歳)

「ジープかな。ハスラーは軽自動車ってだけで嫌です」(27歳)

「ベンツはいかにもな感じで嫌い。その点ジープはちょうどいいかも。軽自動車は嫌です」(27歳)

「軽はとにかく嫌。このなかで消去法で選ぶならベンツ」(28歳)

「かわいいからレネゲード。ハスラーは貧乏くさいから嫌」(29歳)

「一番大きそうだからベンツ。黄色じゃなければレネゲードだけど、黄色は嫌だからなし」(29歳)

「角ばった感じが好きだからベンツ。ハスラーだけはなし」(30歳)

「全体的なデザインでレネゲード。ベンツは角ばってて嫌」(30歳)

「ジープは、何かあってもサバイブできそうでいい。ハスラーはサバイブできなそうで嫌」(38歳)

 ハスラーもかなりウケると思ったのに、まさかこんなにも軽自動車が嫌われるとは……。担当Kによると、軽だらけの地元がイヤで東京に出てきた地方出身者が多く、加えて東京出身者は「ハスラーはマイルドヤンキーっぽい」とのたまってダントツ最下位に沈んだそうです。逆にGクラスは「凄すぎてイヤ」みたいな反応もけっこうあり、デザインがかわいくてすべてがちょうどよく、かつジープという名前も頼もしいレネゲードが漁夫の利を得たようです!

 以上モテグルマ・プチ頂上決戦の模様をお伝えしました!

【結論】
今回モテグルマの王者に輝いたレネゲードを作ってるクライスラーの親会社は現在フィアット(イタリア)でして、このレネゲードもイタリアの工場で作られています。それを言うと女性は不安がるかもしれませんが

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中