高部あい逮捕で囁かれる「芸能人コカインパーティ」の内実

 アイドルで女優の高部あい容疑者(27)が都内の自宅マンションでコカインを所持していたとして、麻薬取締法違反(所持)の疑いで逮捕。その後、同法違反(使用)容疑で再逮捕された。

 平成16年度の「国民的美少女コンテスト」ではグラビア賞を受賞。清純派のイメージも強かった彼女だけに関係者、ファンの動揺は大きいが、「高部さんに限らず、アイドル、モデルのコカイン汚染は凄まじい勢いで広がっている」と語るのは、某グラビア誌編集者のX氏(41歳)。

高部あい逮捕で囁かれる「芸能人コカインパーティ」の内実

※写真はイメージです

「六本木、西麻布界隈にあるサパークラブには、女優、モデルが関係者と立ち寄ることが多いのですが、そうしたお店の一部はオーナーとプッシャー(売人)が繋がっていて、要望があればすぐ店に持って来れるシステムになっています。たとえば某モデルと不動産社長が飲みに来て、社長が『今日は、あるの?』と聞きます。『ちょっと聞いてみますね~』とオーナーがフランクに対応して、その日の客の入りによってですが、すぐにクローズドの状態にしてパーティの始まりです。結局、店のオーナーが一番好き者なんですよね」

 ボックス席に店内に飾られているガラス貼りの額縁などを広げ、その上に3~4グラムのコカインが開けられる。オーナーは、老舗料亭の板前のような手慣れた手つきでラインを引き、一人ずつにストローが手渡されるという。

「5、6人が車座になって。2時間程度で平らげます。無くなりそうになると、すぐにおかわりを手配して、新しいブツが開けられるのです。『味を比べてみるか』などとワイワイやってますよ。ニタニタしているヤツもいれば、延々、外車のカタログを見てるヤツまでいろいろですね」

 時間は短いながらも、強い多幸感に包まれるというコカイン。麻薬のなかでは“セレブ御用達”のアイテムともいわれ、何やら卑猥な乱痴気騒ぎを想像してしまうが……。

「いや、実際にはビジネスの話がほとんどです。5、6人の内訳はたいてい【実業家2人、タレント2人、カメラマン・スタイリストなどのスタッフ2人】ってイメージです。太い金主を捕まえて店の開業資金や個展を開くパトロンをゲットしたいタレント。専属スタイリストなどの仕事をゲットしたいスタッフ――など、皆の思惑が入り乱れるわけです。ハッピーなポジティブシンキングになっているので、『ああ、いいよいいよ』って快諾することが多いです。何より、酒の席や会食とは違い、“違法薬物を楽しむ秘密の共有感”がその繋がりをより強くしている印象ですね。まあ社交のアイテムといえば聞こえはいいかもしれないけど、結局はみんなジャンキー化しますよ。そうした仲間うちでの会話も『この前、○○で引いた(買うこと)ネタ、当たりだったよ』『○○の事務所、最近使えないの?(店ではなく、スタッフの事務所でキメることも多いとか)』とか、シラフのときのあの人たちの話、そればっかりですもん」

 営業の“道具”として、業界関係者の間で日常的に使用されるというコカイン。今回の事件は、やはり氷山の一角に過ぎないのであろう。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中