みうらじゅん×糸井重里スペシャル対談――「ない仕事」の作り方

 11月23日、渋谷で『「ない仕事」の作り方』(みうらじゅん著)の発売記念イベント「みうらじゅん×糸井重里スペシャル対談」が開催された。そもそも著書のテーマである「ない仕事」とは、一体何なのか。みうらじゅん氏が「35年前に糸井(重里)さんに教えてもらった」という独自の仕事論について、語り合った対談イベントの模様を一部紹介しよう。

みうらじゅん×糸井重里スペシャル対談◆「今までにない」発想で人を惹きつける

 謎のゆるキャラに率いられて登場した2人の対談は35年前、学生だったみうら氏が売れっ子コピーライターの糸井重里事務所に転がり込み、日長時間を潰していた思い出話などから始まった。そんななか「ない仕事」の原点ともいうべき出来事が起きたという。

「僕の漫画が『ヤングマガジン』で連載に決まったんですけど、糸井さんが原作をやるなら、という条件をつけられて……それを糸井さんに言ったら『うん、やりたくないな』って。軽く言うわけですよ(笑)。でも、可哀想だと思ってくれたんでしょうね。糸井さんが『相談ってどうよ? 原作はあるけど、相談って仕事はないよね』と。これが最初に耳にした『ない仕事』でしたね」(みうらじゅん氏)

 当時連載していた漫画『見苦しいほど愛されたい』(現在は文藝春秋から電子書籍化)には、表紙に「相談・糸井重里」の文字が刻まれている。まさに「ない」ところから生まれた肩書だった。こうした糸井氏の「今までにない」の発想は、みうら氏に大きな影響を与えたわけだが、糸井氏自身は「この発想が本当に役に立ったと思うのは東日本大震災以降」だという。

独自の仕事論について語り合った「震災後に、東北に100本のツリーハウスを作るプロジェクトを立ち上げたんですよ。そもそもツリーハウスは大好きだけど、見たという人はほとんどいない。でも、ツリーハウスを子供のとき、作りたかったという人は多い。ツリーハウスって大勢の人には『ない』ものなんですよ。だから、ツリーハウスを作って『全部登れますよ』となれば、みんなが東北に来てくれるんじゃないかな、と思って」(糸井重里氏)

 みうら氏の「ない仕事」は、これまで「マイブーム」「ゆるキャラ」などを生み出してきた。成立し得なかったジャンルに新しい言葉で仕掛け、人の需要を創出する。その仕事論は「(経営学者の)ドラッカーの理論にも通じる」と糸井氏も対談中、唸っていた。

謎のキャラクターは、現在「ほぼ日」で修行中のフェザード・シジュちゃん

謎のキャラクターは、現在「ほぼ日」で修行中のフェザード・シジュちゃん

「『経営とは、市場(顧客)の創造である』というドラッカーの言葉がある。つまり、『ない』マーケットをクリエイトすることこそ、経営だと。みうらとドラッカーは同じことを言っているんだ、ビックリです(笑)」(糸井氏)

 今回発売された『「ない仕事」の作り方』では、みうら氏が糸井氏の影響を受けながら、実践してきた独自の仕事術を惜しみなく公開。「マイブーム」という言葉を広めるために仕掛けた「一人電通」という戦略も含め、その手法やコツは、きっと一般サラリーマンの仕事にも役に立つはずだ。

<取材・文・撮影/日刊SPA!編集部>

「ない仕事」の作り方

「好きなことを仕事にしたい」、「会社という組織の中にいながらも、新しい何かを作り出したい」と願っている人たちに贈る、これまでに「ない」ビジネス書(?)です。

見ぐるしいほど愛されたい

80年代を大笑いした幻の表題作に、新作「ムカエマの世界」をカップリングした充実の2本立て。

女性からみた「買ってはいけない夏のユニクロ」ワースト3を発表

MEN プリントシャツ(半袖)
 梅雨が明けたらいよいよ本格的な夏がやってくる。今年の夏は例年以上の暑さとも言われているが、だからこそ爽やかに夏服を着こなしたいもの。  数あるファス…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中