雑学

子育てしやすい町の超穴場「四谷三丁目」の魅力 豊洲ほど混んでおらず武蔵小杉よりも都心

 都心の子育てしやすい町ときいてどこを思い浮かべるだろうか。最近では武蔵小杉(神奈川県川崎市)、豊洲(東京都江東区)などタワーマンションが建ち並ぶ街を想像する人が多いかもしれない。

 だが、これらの街に注目が集まるいっぽうで、都心で働く子育て世代のなかで、いま密かな人気を集めている街がある。

 それが新宿区四谷エリアだ。

 四ツ谷駅はJR総武線と中央線、地下鉄2路線が通っており、立川や八王子、麻布十番や目黒エリア、秋葉原や新宿までのアクセスが抜群。直通運転が多いものの、都心からはやや離れている武蔵小杉や地下鉄が1路線しか走っていない豊洲に比べてアクセス面では間違いなく優位。週末もショッピングモールが混み合う豊洲に比べて静かに過ごすことができる。最近では大ヒット映画『君の名は。』の聖地としても注目を集めている。

 さらに、新宿区の待機児童数は意外にも千代田区に次いで2番めに少ない。(平成28年4月現在。ワーストは世田谷区

 四ツ谷駅周辺は迎賓館やホテルニューオータニ、新宿御苑が隣接する一等地であると同時に、四谷三丁目駅は都心でありながら閑静な住宅街が広がり、自転車で少し移動するだけで、青山や原宿エリアへも繰り出せる。そのため、ビジネスや休日のお出かけにも利便性の高いエリアとなっている。

 また、都心での飲み会が多いビジネスパーソンたちの声を聞くと、タクシーでの移動もとてもラクだという。たしかに、四谷は外苑東通り、新宿通り、外堀通りが通っているため、新宿や銀座、六本木からのアクセスも抜群だ。

子どもと出かけられるスポットも多い


 本記事は、そんな子育て世代の穴場・四谷エリアで、子ども連れに人気のスポットが集中している点に注目。実は四谷界隈は駅からほど近い徒歩圏内に、小さい子供を連れて一緒になって一日遊んでいられる街となっている。青山の子供の城と銀座のベイビーオアシスがなくなってしまった今日、四谷エリアの魅力を再発見し、子連れ客に人気の施設を紹介しよう。

次のページ 
子どもが喜ぶ工夫が満載

1
2
3




おすすめ記事