ニュース

ネットで非難殺到の「ホームレス排除アート」って何だ?

 東京・多摩川では優雅な生活を送っている“リア充”ホームレスが存在するという。しかしその一方、都内のホームレスは寝床を追われることもしばしば。その一因としてあげられるのが「排除アート」だ。今回、この巧妙なホームレス排除を調査してみた。

ネットで非難殺到の排除アートって何だ?


渋谷マークシティ前

渋谷マークシティ前にある排除アート

 フリー編集者の都築響一氏が「アートの体裁を取りつつ、ホームレスの居座りを防止するオブジェ」を指す言葉として命名した「排除アート」。’16年12月にツイッター上で「アートは社会的弱者を排除するためのものではない」「非人道的だ」などと非難が殺到し、全国紙で取り上げられるほどの騒ぎとなった。

新宿駅西口地下道

撤去済みの新宿駅西口地下道

 ホームレス支援に取り組む「つくろい東京ファンド」代表の稲葉剛氏は

「排除アート自体は20年前から存在していました。ホームレスが多い公園や駅周辺、ガード下などに設置されることが多いです」

と語るが、その典型例として今も槍玉に挙がるのが、渋谷マークシティや新宿駅西口地下道の突起物(後者は撤去済み)だ。

 東京都第三建設事務所の担当者は「オブジェにホームレス対策の意図はない」と語るが、「実質的にホームレス排除に加担している」(稲葉氏)ことに違いはない。

 巧妙なホームレス排除の手口に今後も論争は続きそうだ。

― 多摩川[リア充ホームレス]の優雅な日々 ―




おすすめ記事