ライフ

「これが南米美女の全裸か。美しい。美しすぎる!」――46歳のバツイチおじさんは羨ましすぎる体験をした【第35話】

俺は完全にドン引きした。 傷つくまいと自己防衛機能が働いたのかもしれない。 俺はさらにいじけてビールをグビグビと喉の奥に押し込んだ。

灼熱の南インドでは冷えたビールがめっぽううまい

10分ほど経つと、ガルシアと糞タコ野郎が俺の席のところにやって来た。 ガルシア「ごっつ、どうしたの?」 俺「少し疲れちゃって。1日2回のヨガが結構ハードだからかな」 ガルシア「ごっつも一緒に踊らないと楽しくないじゃない」 そう言って、ナチュラルに俺の手を握った。 「ガルシア、君は魔性の女か」

魔性のチリ人美女、ガルシア

そう言いそうになって、俺は口をつぐんだ。 その後、ガルシアはビールを注文し、勢いよく飲んだ。 相変わらず可愛い。 糞タコ野郎はガルシアにまとわりついて離れないでいる。俺とガルシアが話をしないようにガードしているのだ。タコと目が合うと、俺の目を見てニヤリと笑った。 「あいつ、マジでムカつく」 そして、ガルシアを自分のほうに向かせ、改めてじっくり口説き始めた。 俺は二人を無視し、一人でボーっとダンスフロアを見つめていた。 しかし、心は嫉妬で狂っていて、なんだか怒りも込み上げている。 「悲しすぎる……」 随分ヘコんできた。もう帰りたい。 それでも、もしかしてワンチャンスが来るかもしれない。 そこは、「あきらめたそこで試合終了だよ」の精神で頑張り、なんとか踏み止まった。 二人の様子を見ると、タコが真剣にガルシアに話しかけ、ガルシアは時折笑っている。 「ところで、タコは何て言って口説いてるんだろう?」 ふと素朴な疑問が湧いた。 こいつ、どんな口説き文句でガルシアを笑わせているのか。 今まで苛立ちが先行して気づかなかったが、ここに来て「敵を知る」ことに全精力を傾けようと試みた。 俺は耳をそば立てて聞いてみた。
次のページ 
全裸、カルフォルニア…
1
2
3
4
5
6
7





おすすめ記事