雑学

「これが南米美女の全裸か。美しい。美しすぎる!」――46歳のバツイチおじさんは羨ましすぎる体験をした【第35話】

ガルシア「ごっつ、助けて!」 何が起きたんだ? タコ野郎が何かしたのか? 俺「どうした?」 ガルシア「遠くのほうを見て! 3つの懐中電灯がこっちに向かって近づいて来てる。私、裸なのどうしよう……」 ガルシアは少しパニックになっていた。 俺「大丈夫だよ、ガルシア。安心して。俺が彼らと話をしてこのビーチから連れ出すから」 ガルシア「本当?」 俺「うん。まかせといて!」 俺は急いで短パンとTシャツを着て、立ち上がった。 そして、灯りのある場所へ走って行った。 近づいてみると、3人のインド人が懐中電灯を持って近づいてきた。 俺「ハイ! どうしたの?」 インド人「友達を探してるんだけど、いないんだよ」 俺「友達?」 インド人「夜のビーチに男4人で海に来たんだけど、友達が一人見つからないんだ」 俺「大丈夫? 波に巻き込まれてない?」 インド人「それは大丈夫だと思う。海には近づいてないから。君が来たほうに誰かいた?」 俺「俺の友達がいるけど、それらしき人物は見なかったよ。俺らは2時間くらいここにいたから、もし来ていたら、懐中電灯の明かりでわかるはずだから」 インド人「そうか……じゃあ崖の上かなぁ」 俺「俺、崖の上に戻るけど、一緒に行く?」 インド人「うん。そうするよ。どこの国の人?」 俺「日本人だよ」 インド人「おーー珍しいな」 こうして、俺はインド人と仲良くなり、一緒に高い崖を登った。そして、ガルシアとの距離を引き離すことに成功した。 俺は崖の上からガルシアとタコ野郎がいるビーチを見下ろした。 相も変わらず美しいビーチだ。 あそこには全裸のガルシアとタコ野郎が二人っきりで座っている。 戻らないと何が起きるかわからない。 ガルシアは俺が戻るのを待ってくれているはずだ。 でも――――。 「・・・・・・・・・・・・・・・」 ふと、脳内iTunesには薬師丸ひろ子の『あなたを・もっと・知りたくて』がかかった。 ♪~もっともっと あなたを  もっともっと 知りたい  いま何してるの? いま何処にいるの?  そして愛してる人は誰ですか? すると、心の中のりゅう子が俺に言った。 りゅう子「ねぇ、ごっつ。もう、あそこには戻らなくてもいいんじゃない?」 俺「……うん。なんとなく、俺もそう思ってたとこなんだ」 りゅう子「やっぱり」 俺「途中から気づいてたんだけど、ガルシアとタコ野郎はたぶん惹かれ合ってる」 りゅう子「よく言った。偉いわ。あんた、よく頑張った」 俺「ありがとう、りゅう子」 なぜそう思ったのか自分でもわからない。 どこからそう思っていたのかもわからない。 だけど、自然とそんな気持ちになっていた。 宿に戻る前、もう一度ガルシアのいる場所を崖の上から眺めた。 もちろん彼女の姿は遠すぎて見えない。 ガルシア、ありがとう。 君と一緒にいられて、すごく、すごく楽しかったよ。 本当に、ここでお別れだ。 スペシャルな思い出を胸に、気を付けて帰国してね。 俺は空を見上げ、改めてフルムーンを見た。 あんなに綺麗に見えていた月が、なぜか悲しげに笑っているかのように見えた。 次号予告『インドをさすらう失恋おじさんに新たなる試練が!? 謎の新展開は予測不可能!』を乞うご期待! ●後藤隆一郎(ごとうりゅういちろう) 後藤隆一郎IVSテレビ制作(株)のADとして「天才たけしの元気が出るテレビ!」(日本テレビ)の制作に参加。続いて「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ)の立ち上げメンバーとなり、その後フリーのディレクターとして「ザ!世界仰天ニュース」「トリビアの泉」「学べる!ニュースショー!」など数々の番組制作に携わる。現在はディレクターを休業し、「大体1年ぐらい」という期間限定で花嫁探しの旅に一人で挑戦中。バツイチ、46歳、通称ごっつ。ツイッターは@ikirudakesa インスタグラムはryuichirog ― 英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」 ―IVSテレビ制作(株)のADとして「天才たけしの元気が出るテレビ!」(日本テレビ)の制作に参加。続いて「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ)の立ち上げメンバーとなり、その後フリーのディレクターとして「ザ!世界仰天ニュース」「トリビアの泉」「学べる!ニュースショー!」など数々の番組制作に携わる。現在はディレクターを休業し、「大体1年ぐらい」という期間限定で花嫁探しの旅に一人で挑戦中。バツイチ、46歳、通称ごっつ。ツイッターは@ikirudakesa インスタグラムはryuichirog
1
2
3
4
5
6
7





おすすめ記事