ライフ

「これが南米美女の全裸か。美しい。美しすぎる!」――46歳のバツイチおじさんは羨ましすぎる体験をした【第35話】

するとまた、心の中のりゅう子が顔を出した。 りゅう子「そんな女、どうでもイイわ。それ以上関わると、あなたが深く傷つくだけだわ」 俺「でも、このままじゃあ、タコ野郎にとられちゃうよ」 りゅう子「ガルシアの顔を見てみなさいよ。それを望んでるのよ」 俺「でもなー。こうやって俺に相談してきてくれてるし」 りゅう子「あなた、本当にバカね。ムカつかないの?」 俺「そりゃームカッとはくるけど」 りゅう子「だったら怒りなさいよ。今は自分を解放する旅でしょ! ここは日本じゃないのよ!」 俺「……」 りゅう子「あなた、舐められてる」 俺「……」 インドに来て、野犬に襲われ、共に酒を飲んだインド人に殴られた。その時、気づいたことがある。 俺、舐められてる。 漢(おとこ)はなめられちゃあ、いかん。 りゅう子「あんた、舐められてるわよ!」 俺「……うん。だんだんムカついてきた」 ガルシアは俺に何を求めているのか? もしかすると「行くな!」と止めて欲しいのかもしれない。 だが次の瞬間、謎の言葉が自分の口から飛び出した。 なぜ、こんな言葉が出てきたのか? 俺自身もびっくりした。 俺「ガルシア、君はスペシャルな思い出が作りたいと言ったよね」 俺はゆっくりとした静かな口調で彼女に語りかけた。 ガルシア「…うん」 俺「もし、スペシャルな思い出を作りたいんだったら彼と一緒に夜のビーチに行ったほうがいいよ。ダンスフロアで踊るなんて、どこの国に行ってもできることだよね」 ガルシア「…うん」 俺「インドの夜のビーチで全裸で泳ぐなんて、最高にロマンティックじゃん。なんたって、ここバルカラビーチは南インドで一番美しいビーチだよ」 なんでこんなことを言ってしまったのか? なんで心にもないことを流暢に話し続けているのだろう。 本当は「行くな!」と言いたいだけなのに――。 リーの時もそうだ。俺は肝心な時に、いつも裏腹なことを言ってしまう。 なぜだ! なぜなんだ! そのとき、心に潜むりゅう子は悲しげに笑った。 でも、りゅう子は何も答えてくれない。 ただ悲しい目をして笑うだけだった。 ガルシアは俺の話を真剣すぎるほど真剣な目で聞いていた。 ガルシア「…そうだね。ごっつの言う通りだわ」 ガルシア、だめだ。 行っちゃいけない。 行ってほしくない。 ガルシア「うんうん。そうだよね。今夜はインド最後の夜だもんね」 俺「……」 ガルシア「私、彼と一緒に夜のビーチに行くわ」 そうか……。 行っちゃうのか……。 仕方ない。 俺はガルシアへの思いを封印し、笑顔で別れようと試みた。 俺「ありがとう! 君に会えて良かったよ」 すると、ガルシアは茶目っ気たっぷりな笑顔で俺を見つめた。 そして、俺の腕にギュつと絡みついた。
次のページ 
「夜のビーチ、もちろんごっつも一緒に来てくれるよね?」
1
2
3
4
5
6
7





おすすめ記事