雑学

ニセDVDを1枚2000円で売却! 神奈川の19歳少年が始めたゲスすぎる詐欺の手口

 ここ数年、ネットオークションに代表される転売市場が拡大している。プロ野球やライブコンサートのチケット、新作ゲームハードからアニメDVDの購入特典まで…。メルカリやヤフオクで商品の相場をチェックして大量に買い込み、定価以上の値を付けネットオークションで販売する、いわゆる「グレー」な商売だ。

 だが、こうした転売がグレーな商売だとすれば、もっと悪質な“ブラック”な転売も存在する。それが、高い値がつく商品を偽装して買い取り業者に買わせる中古買取詐欺だ。

 ゲオやハードオフなど大手の中古買取店をターゲットに、転売市場で人気のDVD商品のニセモノを買い取らせるこの手口。もちろん、れっきとした詐欺行為だが、なぜ店員の目を盗み、ニセモノを高額で買い取らせてしまえるのか。

 シンプルで大胆な詐欺師の手口を紹介する。くれぐれも騙されないよう注意していただきたい。

シンプルだからバレない贋作詐欺


 話を聞いたのは、この詐欺手法で月に2万~3万円を稼ぎ出す19歳の少年H氏(神奈川県在住)。彼は4~5人のグループで活動し、人気ゲームソフトの贋作を買取店に正規の値段で売りつけている。

 その手口は、いたってシンプルだ。もともと、転売屋仲間でコピ―商品を正規品として売っていた者がおり、その時にこの手口のアイディアが浮かんだとH氏。

「プレステソフトで高く売買されているソフトを購入して、ソフトの外装、ソフトラベル、説明書などを全部コピーします。その後はカゴ売りなどで売られている一つ100円ほどのソフトに付け替えて、ソフト本体は起動しないように壊してからラベルを張り替えれば完成です。だいたい1枚2000円くらいで買い取ってもらえます。これを複数の店舗で10数枚売って稼いでます」

 至ってシンプルだが、なぜ業者は騙されるのか。

「買取時にソフトの起動チェックをしない店舗が意外とあるからです。まず、普通にDVDやゲームを買い取ってもらって、店員が起動チェックするかを確認しておきます。あとは起動チェックをしない店と店員のリストをつくって、一定のローテーションでそれらの店に絞って贋作を売りつけます」

 大胆な手口は、店舗や店員など、極めて具体的な“穴”を見つけることでいとも簡単に達成できてしまう。

贋作ソフトを買わないようにするには?


 では、店舗が贋作を買わされないためにはどうすればよいのか。

「結局はコピー品なので、精度100%で作ることはできません。本物のソフトと見比べるのが一番ですがそれは難しいでしょう。最もわかるのはラベルとソフトの間。若干の気泡が入っていたり、本体外装の色が微妙に薄くなってしまうので、色と気泡をよく見れば贋作と判断できます」

<取材・文/小畑マト>





おすすめ記事