ライフ

70歳まで働く時代、どう生き抜く? 人生100年時代に「しんどい」が7割

 あなたは自分が70歳まで働く姿を想像できるだろうか? 人生100年時代といわれる今、もはや悠々自適な引退生活など、遠い過去のものになった。
[70歳まで働く]超実践ガイド

※画像はイメージです

定年も年金も先延ばしに。きみたちはどう働くか?

「定年退職以降も働き続けないのは、この高齢化社会においてデメリットが多すぎる」と話すのは、ファイナンシャル・プランナーの野口俊晴氏だ。 「今後は年金受給開始が70歳になることが濃厚で、それまでは働くことが前提になってきます。これまでは60歳定年で、平均寿命が男女でならすと85歳くらいと考えれば、退職後の25年間は退職金や年金で生活するのが前提でした。しかし、人生100年時代になると、60~85歳の25年間用に予定していた資金を75歳以降の25年間に持っていかなくてはいけなくなる。だから70歳はおろか、75歳まで働き続けるかどうかが、ひとつのメドになってくると思います」  では、現在の60代はどのような働き方をしているのか。SPA!が60代で働く男性200人を対象に調べた結果では、現在の働き方は「定年前の会社で雇用延長で働いている」という人が半数近くになった。 ================= Q.今の働き方を以下から選んでください ・定年前の会社で雇用延長 43.5% ・自営業/経営を継続中 26.5% ・定年を機に転職 15.5% ・定年後にアルバイト 8.5% ・定年を機に起業 3.5% ・その他 2.5% =================  また、60代以上でも働いている理由では、「生活費が足りないから」という回答が最多で、ほかに「社会との関わりを持ちたい」「働かないとボケそう」という人が多い。 ================= Q.60歳以上になっても働いている理由は?(複数回答・人) ・生活費が足りないから 109 ・社会との関わりを持ちたいから 74 ・働かないとボケそうだから 68 ・家族に楽をさせたいから 42 ・周りから求められるから 39 ・もはや死ぬまで働くのが当然だから 35 ・仕事以外に楽しみがないから 12 ================= 「雇用延長が多い理由は、60歳をすぎて自分がいた会社の外に出て働くことが難しくなるためです。60~70歳以降も働きたいと思いハローワークに行ったとしても、希望に沿う仕事はほぼありませんから。現在は増えるシルバー人材に対して、社会の対応がまったく追いついていません」  70歳以降のキャリアプランを尋ねた結果でも、やはり「可能な限り今の仕事を続けたい」という声が約半数なのも納得だ。 ================= Q.自分の「70歳以後のキャリア」をどうしたいですか? ・可能な限り今の仕事を続けたい 40.5% ・さすがに仕事はやめている 26.5% ・社会貢献に繋がる仕事をしていたい 17.0% ・別のやりたい仕事を見つける 13.0% ・もっと収入を増やしたい 11.5% ・未知のジャンルに挑戦していたい 8.5% ================= Q.70歳まで働くうえで重要なものはなんですか?(複数回答・人) ・働き続ける体力 175 ・身の丈に合った職選び 72 ・スキルや知識を学ぶ姿勢 71 ・50代までに培った経験 52 ・若い人とのコミュニケーション力 48 ・世間の変化を摑む情報収集力 43 ・キャリアを捨てられる勇気 33 ・仕事以外での人脈 29 ================= ※アンケート対象/60代で働いている男性200人(調査期間1月4~11日)
次のページ 
定年間際から“その後”を考えるのは遅すぎる
1
2
週刊SPA!2/5号(1/29発売)

表紙の人/ トリンドル玲奈

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事