ライフ

ヒカキンがブレイクした些細なあるキッカケとは?

いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるメモ」とは何か? そのヒントをつづる連載第196回 YouTube ユーチューバーのヒカキンが最初にブレイクしたのは、任天堂の名作ゲーム『スーパーマリオブラザーズ』のBGMやSEを口真似した『Super Mario Beatbox』でした。この動画は米ヤフーのトップニュースで紹介されて話題になり、1週間で100万アクセスを獲得しました。  彼は『Super Mario Beatbox』を投稿する以前からユーチューブに動画を投稿していましたが、いわゆる鳴かず飛ばずの状態でした。その時のことを、共著『400万人に愛されるYouTuberのつくり方』(日経BP社)で、「全然ダメで(笑)」と振り返っています。  そんな全然ダメだったヒカキンがどうして『Super Mario Beatbox』を作り、人気ユーチューバーの道を歩み始めることができたのか。決断には必ず人物の影響があります。「あの時、あの人、ああ言ったから。だから自分はこうするんだ」ということがあって、人は何かを決断します。ヒカキンが『Super Mario Beatbox』を作る際に影響を受けたのは、彼の友人です。  ヒカキンは2009年に高校を卒業して上京し、スーパーの食品売場で働きながら、月に二、三度ライブハウスでビートボックスを披露し、ユーチューブに動画を投稿するという生活を送っていました。この時、彼が投稿していたビートボックス動画の題材は、レディ・ガガやダフト・パンクといった海外アーティストでした。  すると、彼は「なんでマリオをやらないの?」と友人から言われることが多くなったそうです。彼のスーパーマリオのビートボックスはライブハウスで披露すると必ず盛り上がる「鉄板ネタ」だったからです。このことをきっかけにして、彼は『Super Mario Beatbox』を作り、ブレイクしたのです。
次のページ
人の後押しがあったから
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事