ライフ

丸亀製麺のベスト1メニューは「とろ玉うどん」! “ガッカリ”なメニュー1位は…

 外食をよくするサラリーマン30~50代・男性200人にアンケート調査を実施。満足度第1位に輝いた、胃にも財布にも優しい大手うどんチェーン店の丸亀製麺。そこで1か月で60食近くのうどんを食すという大のうどん好きライター・井上こん氏に、丸亀で食べるべき一品と、残念な一品を聞いてみた。

変幻自在でコスパ最強!? 圧倒的支持の丸亀製麺

とろ玉うどん

【ベスト1位】とろ玉うどん。温はとろろや温泉卵のふんわり感も増し、反対に冷はモッチリとしたとろろの食感が楽しめる。男性のみならず女性からの評価も高い

「オススメはなんといっても、温泉卵のコクと、とろろの粘りが最高に合う『とろ玉うどん』。温だと、食べているうちに卵に熱も入ってより濃厚になり、卵黄ととろろがねっとり絡んだ麺がたまりません」  2位には変わり種の親子あんかけうどんがランクイン。
親子あんかけうどん

【ベスト2位】親子あんかけうどん。塩味と甘味のバランスも良く、歯ごたえのある鶏肉も◎。あん自体の量も多いので、余力があればネギや天かすものせた贅沢親子丼も

親子あんかけうどん「親子丼の具にとろみを足したあんが、うどんに抜群に合うんですよ。かなり具だくさんなので、お腹に余裕があれば130円の天丼用ご飯にかけて、プチ親子丼としてもお得に楽しめます」  自作の親子丼みたく、いろいろアレンジできるのも丸亀ならでは。 「3位の明太釜玉うどんは、食べ終わったあとに出汁サーバーで汁を足して、無料の即席・明太玉子スープが絶品です。うどんそのものも、明太子と卵のハーモニーがくせになる一品です」
明太釜玉うどん

【ベスト3位】明太釜玉うどん。卵が明太子のとがった部分をいい塩梅でやわらげるとか。追加で温玉をトッピングすれば一段と濃厚さもアップ

<丸亀製麺のベスト3> 1位 とろ玉うどん 税込み410円 2位 親子あんかけうどん 税込み590円 3位 明太釜玉うどん 税込み410円  アレンジも自由自在、評価の高い丸亀だが、一方で“ガッカリ”なメニューもあるという。
カレーうどん

【ワースト1位】カレーうどん

「ワースト1位はカレーうどんです。とにかく食感が寂しい。スパイシーなのに、あっさりしすぎていて何か物足りません。カレーうどんに限定していえば、ミルクの隠し味がきいている千吉カレーうどん(700円)や、濃厚なルウに牛肉の塊が入ったなか卯のプレミアムカレーうどん(590円)は満足感もあるので、カレーうどん好きならハマるはず」  ベスト2の親子あんかけも、明太子が入ると評価が一変する。 「すでに親子あんかけうどんとして完成しているのに、明太子を入れても塩気が強調されるだけ。値段も40円ほど上がりますし、入れる必要性はないような気がします」
明太親子あんかけうどん

【ワースト2位】明太親子あんかけうどん

 ワースト3位はシンプルな釜揚げうどん。アンケートでは「茹でたて熱々で、小麦の味を楽しめる」と釜揚げを推す声も多いが……。 「一度茹でて水で締めた麺を、茹でおきしているので、釜から引き揚げた本当の釜揚げではないことも多いんです。昼などお客さんの回転率が高い時間帯なら本物の釜揚げが食べられるかもしれません」
釜揚げうどん

【ワースト3位】釜揚げうどん。残念なメニューに上がっているが、、毎月1日なら半額。クーポンの割引率が高いのも丸亀の特徴なので、うまく使えばコスパはいい

 番外編として井上氏は「小麦の甘さとすだちの爽やかさが人気の、おろし醤油うどんもオススメ」と語るが、すだち欠品のため現在は販売中止。しかし、はなまるうどんに、すだちをレモンに替えたぶっかけうどん(小300円)があり、これもおいしいという。 「うどんチェーンにも、小麦にこだわった『麦まる』や“うどん界のラーメン二郎”と言われるほど熱狂的な支持者が多い『おにやんま』など、注目のニューカマーが続々登場しています。今後うどんチェーンはさらに白熱するでしょう」 <丸亀製麺のワースト3> 1位 カレーうどん 税込み410円 2位 明太親子あんかけうどん 税込み630円 3位 釜揚げうどん 税込み290円 【井上こん氏】 うどん好きライター。多いときは一日10食のうどんを食べ歩き、ブログ「うどん手帖」を運営する。CBCテレビ『花咲かタイムズ』ではうどんの達人として出演 ― [激安飲食店]絶品ランキング ―
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事