ライフ

コロナで借金デビューする人たち。スマホで借りられる手軽さが盲点に

新型コロナによる収入減が家計を直撃し、借金で生活を支えざるを得ない人が増えている。これまで借金とは無縁だった人まで、借金に手を出し始めているのだ。一体どんな人たちがコロナ禍を借金でしのいでいるのか? 専門家に聞いた。 スマホ

「コロナ禍で借金を背負う」人たちの特徴は?

 新型コロナによって借金苦に陥るのはどのような人たちなのか。  SPA!が行った新型コロナ流行後に借金をした人へのアンケート結果では、「コロナ流行後の借入額」は半数以上が30万~100万円と答えた。何百万円もの借金ではなくとも、収入が減った分や急な出費を借金で補てんした人が多い印象だ。  実際、過去5000件以上の債務整理を手がけてきた「ひまわり司法書士法人」の本松紳司氏のところにも、「コロナをきっかけに借金が返せなくなった」という声が多く寄せられているという。 「リストラされて借金が返せなくなってしまった人や、残業代やボーナスがカットされて借金頼みの生活になってしまった人など、全体の6割ほどはコロナが原因で返済苦に陥ったという相談です。  皆さん複数の金融機関を利用していて、借入額は平均で300万円ほど。車や家のローンがあると『手取り25万円のうち返済額が23万円超』という方もいて、そうなってしまってはもはや自己破産を考えないといけません」 借金

知識や免疫のない若い層が、借金をせざるを得ない状況に陥っている

 また、コロナ禍で新しく借金デビューを果たす人もいる。 「先日も20代の若者から『コロナでバイトできなくなり20万円の借金をしてしまった。返せないので自己破産したい』と相談がありました。  その額では少なすぎて破産はできませんし、そんな知識や借金に免疫すらない若い層が、コロナ禍で借金をせざるを得ない状況に陥っているのでしょう」
次のページ
スマホで借金が加速?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事