雑学

今こそ抑えておきたい「スパイス基礎知識」。コーヒー、ワインを語るのはもう古い…

 食の造詣が深い人と言えば、大抵コーヒーやワインに詳しい知識を持っているものだ。だがその分、知ったかぶりとバレたときのイタさと言ったらないだろう。

 そもそも、これらの分野は使い古されているテーマであり、すでに聞き飽きている女性も少なくない。そこで差がつく食のウンチクとしておすすめしたいのがスパイス。

 大抵のオシャレな料理にはスパイスが使われている。そのため、ウンチクを披露する機会は多く、また「料理男子」アピールもできて一石二鳥だからだ。

今こそ抑えておきたい「スパイス基礎知識」◆まずは揃えたいスパイス4種

 何十種類ものスパイスを使いこなす元料理人Kさん(41歳・男性)に聞いた初心者がまず揃えるべきスパイス4種類を紹介しよう。

●胡椒

 白胡椒と黒胡椒の使用用途の違いを押さえておく。まずは両方揃えるところから始めよう。白身魚などさっぱりした料理や色の淡い料理に使うのは、香味が穏やかな白胡椒。一方、黒胡椒には肉の臭みを消す効果があるので、唐揚げなどの肉料理に使われる。

●バジル

 トマトソースのスパゲッティーやピザでよく使われる。トマト料理だけではなく幅広く使えるので、初心者向けのスパイス。とりあえずイタリア料理には乾燥バジルをかけておけば、お洒落に見える。

 ちなみにバジルの種は水を吸うと、表面が半透明のゼリー状になり30倍にもふくらむ。

●シナモン

 女子に人気の高いチャイティーを作る際には欠かせないスパイス。お菓子との相性も良いため、料理をあまりしない人はシナモンから始めるといい。

 厚切りのトーストにシナモンと砂糖とリンゴを乗せるだけで、喫茶店メニューのような一品になる。

●ターメリック

 白いご飯に混ぜると、プロっぽい黄色いご飯ができるスパイス。マリネなどにも使え、ちょっと入れるだけでインド風のお洒落料理になる。別名は、アルコール酔いに効くと言われるウコン。

◆スパイスの小ネタを仕入れておけば…

 さらに、香辛料を取り扱う会社に勤めるSさん(32歳・男性)に聞いた「飲み会の場でウケるスパイスネタ」を紹介しよう。

・何かのたまごが入っているように見える「Basil seed drink」というドリンクに入っているのは、先述の通りバジルの種だが、別名「目箒(メボウキ)」と呼ばれ、江戸時代では目の埃を取るために遣われていた。

・シナモンは木の皮を乾燥させて作る。催淫効果があると言われており、「媚薬の作り方 シナモン」で検索すると色々と情報が出てくる。効果は不明。

・ブラックペッパーとホワイトペッパーは収穫や加工の仕方で色や風味が異なるが同じ種類。ブラックペッパーは完熟していない緑色の果実を天日乾燥させたもの。ホワイトペッパーは完熟した赤色の実を水に浸して果皮を柔らかくし、その果皮を除去して乾燥したもの。

 あくまで「この間初めて知ったんだけど~」と、控えめに話すのを忘れないように。 <文/日刊SPA!取材班>




おすすめ記事